東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 未分類

未分類

自民党東京都連支部長・常任総務合同会議。

 

 

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。

 

9月28日(月) 朝一番で自民党東京都連支部長・常任総務会が開催されました。コロナ禍での開催です。ソーシャルディスタンスを考え党本部の大ホールで行いました。総裁選の効果報告など党運営について報告了承をいただきました。

その後は、都庁での打ち合わせが夕方まで一杯です。

その間、東京都議会オリピック・パラリンピック推進特別委員会が行われました。

 

 

 

 

 

自民党員の皆さん!是非 総裁選投票を

 

 

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

 

9月9日(水) 自民党総裁選は連日報道されています。

番組では総理大臣が決定していないにも関わらず組閣の予想をするなど恐ろしい感覚です。

7日に投函して8日には到着しています。今日から相当数の返信が返ってくると予想されます。心配なのは投票率です。是非、投票してください。

 

 

 

 

 

 

 

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

 

8月20日(木) 朝から都議会自民党控室です。

各種団体の役員さんが山崎新執行部へご挨拶にお見えになりました。

ご一緒に都議会補欠選挙のお礼を兼ねてご挨拶をさせていただきました。

お昼は団体の役員の皆様とランチミーティングです。

終了後は、局との打ち合わせが続きます。

又、お世話になっている企業の方へ表敬訪問です。

夕方からは自民党足立総支部第4支部の役員懇親会です。

1年に一度しか開催しませんがソーシャルデイスタンスを守りながら開催させていただきました。

 

 

 

 

 

明日から夏休みです。

 

 

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

 

8月11日(火) 本日、高島事務所は仕事です。

スタッフの皆さんはそれぞれ忙しく仕事をしています。

明日、12日(水)~16日(日)まで夏休みをとらしていただきます。

スタッフの皆さんも家庭があります。この機会に家庭サービスをしっかり行ってください。

高島は明日も都庁へ行きます。県外への外出、不要不急の外出は行いません。

自宅待機です。

スタッフの皆さんも自宅でのんびりするそうです。

HPはお休いたします。

新型コロナウイルス感染症が更に拡大しないように祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

 

8月6日(木) 午前中は事務所仕事です。

午後からは都庁で打ち合わせです。

今日も新型コロナウイルス感染症360人です。

 

 

 

 

 

山﨑新執行部

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

 

7月31日(金) 都議会自民党役員会・総会が行われました。

鈴木章浩執行部最終日です。1年間新型コロナウイルス感染症が発生し多くの都民が現在も苦しんでいます。その中で都民の立場になり都民の目線で都政を支え知事に対して正論を訴えていた鈴木執行部最後の総会です。

役員の皆さんのご労苦に心から感謝申し上げます。

前回の総会で決定をした新幹事長山﨑一輝先生のもと新執行部が誕生しました。

政調会長には三宅正彦先生(島嶼選出)、総務会長には北一郎先生(新宿区選出)です。更に代理、代行副会長とベテラン、若手を選出し山﨑体制を発表しました。

鈴木前執行部と同様に新型コロナウイルス感染症への対応、衆議院選挙、都議会議員選挙の体制、東京五輪開催への対応など厳しい1年であり選挙執行部とも言える組織です。

自民党東京都連、党本部とも連携をとりながら頑張ってほしいです。

自民党東京都連としても最大限の協力をさせていただきます。

都政史上初めての400人台の新型コロナウイルス感染者数です。実数は463人です。

昨日のHPにも掲載しましたが実効性のある政策が打てず手詰まり状態と言えます。

尾崎東京都医師会会長は国会を開催し特措法を制定し強制力のある休業、保証金の設立、PCR検査所の増設と地域を決めての集中検査、新型コロナウイルス感染症専用病棟の建設を訴えています。

私は現在すぐに行えるPCR検査を拡大する必要があると考えています。但しそれに伴う医療施設、ホテル施設を準備できるかも課題です。

陽性者,陰性者を明確にして陽性者には2週間隔離する施策を強く打ち出すしかないと思います。2週間経過すれば完治する感染症です。

どんな形であれ注意喚起や協力金の配布ではなく、実のある税金の使い方をしなければなりません。パフォーマンスと感染者数を報告する会見はもう十分です。

 

 

 

 

 

コロナ。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

7月18日(土) 朝から雨です。

新型コロナウイルス感染者数は290人です。連日200人以上が新規感染者として報告され厳しい状況に追い込まれています。

医療施設のベット確保数は1,500床と報告されています。新規感染者の収容先の医療施設、ホテルが明確ではなく自宅待機も多く2次感染、家庭感染が心配です。

又、「夜の繁華街」の一言で真面目にガイドラインに沿って開店している店舗も厳しい状況に追い込まれています。

個人情報と言えども例えば食中毒を発生した店舗は店名を公表し営業停止処分を科しています。法律の限界はあるにせよ大阪府は風営法で警察が立ち入り調査を行ったと報道されています。

東京都も最後は国に責任を負わせるのではなく地方自治体として東京都として決断、実行するように都民から迫られているのではないでしょうか。

党の幹部へのご挨拶も大事、担当大臣との話し合いも大事ですが、東京都が都民に対してコロナ対策はこれを行っています。と、報告すべきです。

歴代知事は東京が日本をリードすると、何度も発言をしていました。国の発言や意見を受け小競り合いをする時間があれば東京都の姿を明確にすべきです。

先日も書きましたが国と地方自治体が連携をすることは当然ですが、十分にお互いの力が出し切れていないと強く感じます。

世論調査では東京都のコロナ対策は充分に行われていると数字が示していますが、いったい何をしていたのでしょうか?理解できません。

補助金を出すのも大事、不要不急の外出禁止も大事、三密も守りましょう。しかし、大事な一点、この対策・政策を実行すれば感染を減らす事ができる。その言葉を都民は待っています。結果は間違いかもしれないけれどその発言が求められています。

国を批判する前に己が実行しましょう。

 

新型コロナウイルス感染者。  

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

 

7月12日(日) 本日も206人の新型コロナウイルス感染者になりました。連続200人以上の発症者がいます。

東京都はPCR検査の増大、若い方の感染率、医療機関の拡大、高齢者の感染・入院減、などを記者会見で述べています。無論、誤った情報ではありません。

しかし、現状を報告するのではなく来週、1か月後、2か月後は大丈夫なのか?

その心配を払拭する事が行政の役目ではないでしょうか。

現状を語り、心配ない、心配ないを繰り返しているだけでは根本的な解決策にはなりません。ある区長から電話があり区での休業要請を行った店舗に対して区が補助する税源を都が負担する事に対して批判をしていました。まさか、23区、都内全域を対象にはするのか不安視していました。

新型コロナウイルス感染者数の増大は「東京問題」と、語られています。

東京を中心に首都圏の被害も大きいです。

東京都の新型コロナウイルス対策が誤っているとしたら大変な問題です。

 

東京都議会議員補欠選挙もあと2日。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

7月3日(金) 東京都議会議員補欠選挙も残すところ後2日になりました。

高島は今日は各候補の応援と状況把握に伺いました。

大田区選挙区鈴木あきまさ候補は糀谷駅までの街頭と歩行遊説です。

応援は地元区議、平衆議院議員,朝日参議院議員が駆け付けていました。

鈴木候補は元気に声をからして頑張っています。

北区選挙区やまだ加奈子候補は十条駅前での街頭演説です。

レディースデーとして区内各地の女性区議、都議、稲田党幹事長代行、朝日参議院議員?、高木衆議院議員?でした。なぜ男性がいるのか疑問でした。

日野選挙区西野正人候補は高幡不動駅前で河野防衛大臣、小田原衆議院議員、長島衆議院議員をはじめ都議、市議が駆け付けています。

北多摩第三選挙区林あきひろ候補の調布駅前の街頭演説には、三宅都議も駆け付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代表質問。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》

《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

6月2日(火) 東京都議会本会議代表質問です。
わが党からは宇田川聡史総務会長が登壇しました。
各党は都知事選を控えており、お褒めの質問と答弁が多く食傷気味でした。
宇田川総務会長はポイントをついた質問を展開しました。理事者と議会の関係を改めて考えさせられました。
過去、都議会自民党が与党第1党の時代も質すべき政策、共に進める政策など是々非々の関係を保っていました。
この対応が都民から付託を得た議会人としての職責と認識しています。
共に議論をして新たな都政を創造し発展させる。常に都民の福祉を考え努力をすることが大事です。
都議会自民党は日々努力をしていきます。
東京都は新型コロナ感染症の2日は34名に感染者が発生しました。
知事自身が決めた感染拡大の危険を示す東京アラートを発動しました。
基準値である幾つかの数値が基準値を超え都民はまだ発動しないのか?など多くの声が寄せられました。その度に総合的判断と発言をして現状維持でした。
しかし、34名の感染者、50%感染経路不明、週単位の陽性者の増加が2以上になりついに発動されました。
但し、ステップ1、ステップ2のロードマップは変わりません。
更に感染者が増え多くの数値が増えるときにロードマップがステップ0に変わります。
是非、皆さんと協力して感染しないように感染させないように努力しましょう。

 

 

 

 

« 1 2 3 4 15 »
PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.