東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 東京都政

東京都政

総決起大会。

4月3日(水) 午前中は事務所仕事です。

書類の山も少しずつですが整理出来始めました。ペーパーレスが叫ばれていますが、道は遠いですね。

午後からは晴海にあるトリトンに行きました。4月1日より東京五輪オリパラ組織委員会は総て虎ノ門ヒルズから晴海に移転をしました。

初めての場所ですから戸惑いもありなんとか行きつけました。

会合が終わり都庁へ。

国土交通省の皆さんと打ち合わせです。環状2号線の建設遅延が東京五輪に影響を与えています。

2月に東京都から国土交通省にロープライスの検討を依頼したそうです。その経過をご説明に来ていただきました。

仮に数ヶ月でも首都高の料金を改定する場合には関連する地方自治体に条例案が提案されます。無論、知事名です。

議会が賛成して初めてロープラの実施が認められます。

髙島なおきはこの政策によって首都高は数十億円の赤字が発生すると考えます。それに対する補填はどうするかが今後の議論になる可能性もあります。

東京五輪開催に伴い先程触れましたが環状2号線の完成が3年後になってしまいます。その影響は大きいものがあります。

誰が責任者で責任を持って決断するのか?当然、開催都市の東京都です。

東京都が東京五輪成功、その先の東京へのレガシーを残すために「決断」、「実行」をしなければならない時期に来ています。「検討」や「考える」は過去のことです。イエスかノーか、イエスならば具体的にどうするかを決める時期です。

ピョンチャン、リオ、ロンドン、北京の各オリンピックを視察した髙島からは東京を世界一の都市にするにはまだまだ時間がかかりそうです。

夕方からは足立区議会議員選挙候補予定者の名取てつろう総決起大会が行われました。後援会長を始め役員の皆さんも必死の姿勢が伺えます。

厳しい戦いです。髙島も他の選挙戦を例に取り緊張感を持って最後まで頑張りたいと訴えました。髙島も全力投球です。

 

 

 

 

東京都議会本会議閉会。

3月28日(木) 東京都議会第1回定例会閉会日です。

足立区内で活躍をしている社会福祉法人あだちの里が区内西部地域を保管する江北ひまわり園を建設中でしたが、本日落成式典が行われました。

ご挨拶が終わり出席の都議会議員は全員都庁へ向かいました。

都議会自民党総会に間に合いました。

引き続き、都議会本会日最終日です。

終了後、4月1日から移動をする東京都職員のみなさんがご挨拶にお見えになりました。

夕方には東京都ホテル旅館生活衛生同業組合理事長斉藤源久氏旭日双光章受賞祝賀会が行われました。

都議会自民党では都内のホテル旅館の政策研究会を設置業界の意見をお聞きしながら都政発展の力にさせていただいています。

その大きな力が斉藤理事長であり地域では社会貢献に努め活躍をされています。

今後、更に都政発展のご尽力を賜りたいと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聖火ランナーのトーチです。

3月26日(火) 午前中は自民党東京都連へ。

各種団体協議会世話人会です。鵜飼会長を中心に各団体の代表者にご参加をいただきました。

自民党の発展、更には各自治体、東京、日本の発展には区市町村議員の努力が不可欠です。今回の統一地方選挙の必勝を頑張らなければなりません。

各団体の皆様にお願いをさせていただきました。

その後は、都庁での缶詰です。

夕方からは第31回東京五輪組織委員会理事会です。

聖火ランナーのトーチのご披露がありました。

又、聖火ランナーについて質問をさせていただきました。

終了後は、お見舞い、選対会議に伺うなど忙しいです。

 

 

 

 

総会、役員会。

3月25日(月) 足立区内の小学校の卒業式です。

残念な事に都議会自民党役員会、総会がおこなわれます。

公務のために欠席をさせていただきました。

東京都議会予算特別委員会の締めくくり質疑です。

我が党からは小宮あんり都議(杉並区選出)、山崎一輝都議(江東区選出)が質問に立ちます。

予算特別委員会の運営では正常化はほど遠いものです。

過去の先人の知恵で各政党、各会派が考え方が違えども政策が違えども議会の権威を貶める事なく運営する努力を積み重ねてきました。

しかし、結果は数の暴挙での運営です。47都道府県での地方議会の雄の影が薄れてきています。

総会終了後は、行政との打ち合わせです。

夕方からは地味と米寿の会のお祝いなど頑張っています。

 

忙しくHPが遅れたことお詫び申し上げます。

特別委員会。

3月22日(金) 足立区六月に東京蒼生会ポルテあすなろ竣工式が行われました。議会の関係で、式典には遅れて内覧会だけ参加させていただきました。

理事長を始め役員の皆さんとも顔見知りの方たちです。

午後からの東京都議会オリパラ特別委員会出席のために失礼をしました。

特別委員会終了後は急ぎ自民党東京都連へ。

統一地方選挙に向けての政策立案委員会です。自民党の基礎をなしていただいている地方議員の先生方の選挙戦です。

選挙法が変わり今回から区議会議員の先生方も選挙期間中に個人ビラを配布することができるようになりました。

選管も候補予定者も共にはじめての事です。混乱が予想されます。

引き続き、自民党東京都連事務方との打ち合わせです。

終了後、都議会へ。その後も打ち合わせの会合の連続です。

都議会自民党役員会、総会が行われました。

3月20日(水) 足立区内の公立中学校卒業式です。

髙島なおきは残念なことに欠席です。都議会は本会議中。

卒業生の皆さんの新たな旅立ちに心からお喜び申し上げます。

皆さんは可能性そのものです。頑張ってください。応援しています。

10時過ぎには都庁へ。退縮の方とのお話や打ち合わせです。

11時から役員会、11時30分から総会です。

各常任委員会の状況、自民党の対応が報告されました。又、予算委員会の状況も三宅副委員長、吉原幹事長から報告がなされました。

又、自民党東京都連からは先の台東区長選、区議選のお礼と対応、更にはこれから始まる統一選挙について報告しました。

その後、各常任委員会です。

終了後も打ち合わせの連続です。

来週からの予算特別委員会も混乱が避けられそうもありません。

冷静に委員会運営を行いたいと自民党は考えています。一部の政党は自民党が無理難題を押し付けているかのような発言があります。しかし、事実は全く違い、委員会運営の不手際をさらし数の力で総てを解決しようとする誤った方法をとっていることです。事務方も再三再四お願いをしたようですが聞き入れてくれなかったそうです。地方自治体の優としての東京都議会の醜態は残念出なりません。

委員会。

3月19日(火) 午前中から自民党東京都連です。

世田谷区区長選を始め都内各地で予定されている首長選の打ち合わせです。

引き続き、自民党東京都連の幹部会です。統一地方選挙を控え多くの課題について方向性を確認しました。

午後からは東京都議会警察消防委員会です。

終了後も打ち合わせの連続です。

ライオンズクラブ。

3月18日(月) 午前中の仕事が終わり都庁へ。

東京都議会警察消防委員会です。

終了後は、各局との打ち合わせです。その後は、東京五輪組織委員会との打ち合わせで虎ノ門ヒルズへ。

4月からは組織委員会は総て虎ノ門ヒルズから晴海にあるトリトンへ引っ越します。

先日、トリトンの組織委員会事務所に伺いましたが窓から見下ろすと選手村の全景がよく見えます。開会式まで時間が少なくなり更に連携が不可欠になりました。基本的に組織委員会が一本化され活躍の場が広がります。

東京綾瀬ライオンズクラブチャーターナイト40周年記念式典が行われました。

大森会長のもと綾瀬ライオンズクラブの奉仕活動は素晴らしいものがあります。献血、福祉団体へのバザー協力、警察への協力など「ウィ・サーブ」の精神で奉仕活動を頑張ってください。

その後は、同窓会へ。




 


予算特別委員会。

3月13日(水) 東京都議会予算特別委員会です。

本日は我が党からは小松だいすけ都議(世田谷区選出)、伊藤しょうこう都議(八王子市選出)、川松真一朗都議(墨田区選出)の3名が質疑を展開しました。

小松都議の質問は障害者問題、知事の姿勢など多岐にわたりました。

特に工業用水の廃止に関する質疑では当時の川澄副知事を中心に打ち合わせ会を開催した際の資料を開示請求して入手した資料を基に、知事、同席した副知事に質問をしました。内容は文章にするのも憚る内容です。副知事の答弁は意味不明、知事は笑みを浮かべていました。あの笑みの意味を理解することが出来ません。

物づくり、都民に寄り添う、都民ファーストなどの言葉がおどりながら部下である職員が業界を蔑ろにする議論をしていた事が判明するならば、まっ先に頭を下げるのが知事の責任だと思います。しかし、副知事も、知事も意に介さず平然としている姿に都政の未来は無い、そんな悲しい思いをしました。残念です。

夕方からの質疑は公務のためにインターネット中継で拝見しました。

都立大学の名称変更の質疑は地元の伊藤都議が行い、川松都議は築地市場跡地に関する質疑を展開しました。知事の特別顧問、現在は会派の職員を努めている方の不可解な行動と理事者の対応についてです。是非、御本人を参考人として招致、質疑をしていただきたいです。与野党問わず都政を正すことが都議の責任です。隠すことで禍根を残すことのないように議会の権能は発揮するべきです。

足立区では統一選挙に立候補予定している「にたない和総決起大会」が開催されました。勇退する鴨下稔区議の後継として期待をしています。

予算特別委員会です。

3月12日(火) 東京五輪500日前です。準備を急がなければなりません。

東京都議会予算特別委員会です。本日は鈴木章浩先生が1時間30分にわたり都政の課題について質問を展開しました。

特に知事が当選して以来、多くの政策を見直し変更を行いましたが、結果は当初の計画と変わらず行われました。その議論は多くの時間と財源が費やされ都政にとっては不幸な時間とも言えます。

それらの課題をひとつ、ひとつ質していましたが、答弁は変わることなくすれ違いの質疑に終止しました。

ただ、残念なことは傍聴席の与党議員のやじは的外れで、正確な都政の知識を理解しているとは思えず残念でありません。

与党、野党問わず都政の課題について議論することは大事ですが、盲目的に総て賛成する姿には驚きを禁じえません。

与党だから質疑の中から正す必要があるのではないでしょうか?

鈴木章浩議員の質問は自民党らしい質問でした。東京都の部長も褒めていました。

地元では5月に行われる足立区議会議員選挙の候補予定者である「にたない和」総決起大会が行われました。

現足立区議会議員鴨下稔先生の後継者として期待の新人です。

高島後援会も一丸となって応援します。

 

 

 

 

« 1 2 3 4 110 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.