東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • なおきのつぶやき

なおきのつぶやき

思うこと。

4月15日(月) 前日の忙しさと違い今日は静かです。

各候補者は当選に向けて激しい戦いを繰り広げています。

振り返って地元は来月の選挙の戦いに向けて頑張っています。

5月19日(日)告示、5月26日(日)が投票日です。

その間にはご承知のように10連休があります。各候補予定者はどう活動したら良いのか悩んでいるようです。

高島も自民党東京都連幹事長として統一選挙後半戦の勝利と5月の足立区の区長選、区議選に向けて頑張ります。

長丁場の戦いです。

思う事。

4月12日(金) 朝から来客、陳情、相談案件です。

髙島事務所岡田秘書、佐藤秘書も忙しく活動をしています。

本会議が終わりました。知事は矢継ぎ早に多くの都政の課題を発表しています。

特別秘書の天下りの問題、築地再開発について、臨海部の地下鉄の整備方針などなどです。

何か本会議が終わり議会との議論の場が少なくなったところを見計らい発表しているように見えるのは髙島だけでしょうか。

又、政策決定のプロセスが不透明です。

何か知事が思いつきで発言、提案した案件を後追いで理屈をつける、政策としてブラッシュアップをする。これらにより政策決定がなされているように強く感じます。

過去は、理事者と議会が意見交換、議論を行い、積み重ねてきた案件が初めて政策に決定されます。そのプロセスがあるから議会も協力体制は構築され共に都政発展のための原動力になっていました。

残念な事に今日では知事の言葉だけで政策が決定され議会は理屈抜きで賛成をする。そんな形骸化された議会に成り下がりました。

又、理事者と議会人との距離は離れていくばかりです。

なぜこんな話をあえてHPに乗せるか考えていただきたいです。

本日も都内各選挙区の首長、区、市候補の事務所にお伺いしました。

候補予定者はほとんどお留守でしたが、ある首長さんとお話をする時間があり都政の話題になった時、驚きの発言が出ました。

知事が上げた政策は酷すぎる、質の悪い政策です。こんな政策を自治体で実行することは無理です。と、お断りしたそうです。しかし、執拗に代理の方が見え実行するように陳情に見えたとの事です。

髙島、こんな都政は一日も早く変えないと取り返しのつかない事になると、話されました。胸が苦しくなります。苦笑いでごまかすしかありません。

日々、勉強、努力です。

夜も地元で選挙関係の会合です。

地元です。

4月4日(木) 午前中は関係機関の方たちの異動のご挨拶を受けています。

午後からは自民党東京都連での打ち合わせです。

夕方からは地元の会合です。

令和。

4月1日(月) 「令和」。新元号が発表されました。

菅官房長官の会見、安倍総理の記者会見を拝見して令和が少しずつ身体に染み込んでいくようです。世界で日本だけが元号を採用しています。

又、令和の意味をお聞きすると更に日本人としてよかった。そんな思いをさせていただきました。

足立区の青井地区にある東信工業入社式にお伺いしました。

山口社長とは永いご指導を頂いています。本日は、4名の新人社員が入社しました。

会場には仕事で欠席の方以外の社員が参加をしています。第1部では社長のご挨拶、役員紹介、来賓挨拶、辞令交付、本人決意表明です。

山口社長のご挨拶は素晴らしかったです。経営者として今後の会社の政策、方針を明確に発言しました。当然と言えば、当然かも知れません。しかし、社長として素晴らしい成長を遂げた姿を見て感激をしました。

共通の友人をとうして20年以上のお付き合いです。喜びと同時にその分自分が年をとった事が分かりました。しかし、私も負けないように頑張ります。

かもした一郎事務所です。

自民党足立総支部は今回の区議選では13名の現職、5名の新人を公認しました。区長は近藤やよいさんが4期目の選挙です。推薦をさせていただきました。

鴨下足立総支部長からは新人がどのような活動、不安、総支部に対しての要請など1度話を聞きましょう。と、提案があり実現をしました。

お一人、お一人から現在の活動状況、選挙までの方針、総支部への対応などお聞きをし、鴨下会長、髙島副会長から意見を述べさせていただきました。

率直に発言をするならば、非常に甘く考えているようです。ご挨拶をすれば、後援会に入会していただければ、全員の方が投票してくれると考えているようです。そこで、髙島からは選挙戦の投票率が支持者の投票率に反映すると話をさせていただきました。

後援会入会者が5,000人いても投票率が仮に50%ならば支持者の皆さんの2,500人しか票は入れてくれません。その結果は厳しいものになります。

その事を考え作戦、行動してくださいとお願いし、総支部として全面的に応援することを再確認しました。

その後も地元廻り、事務所での仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思うこと。

3月27日(水) 午前中の仕事が終わり都庁へ。

本会議も委員会もありませんが予算特別委員会理事会、議会運営委員会理事会が予定され混乱が考えられます。

役に立ちませんが、議員の一人としてバックアップしたいと控室に詰めています。多くの同志都議会議員も同じ思いを持ち控室で待機しています。

改めてこの姿が都議会自民党だと確信をしました。

自信と責任を持って都政運営に当たる都議会自民党にご支援をください。

県政報告会。

3月16日(土) 来週に控えた江北ひまわり園内覧会が行われました。

あだちの里は区内に多くの施設を運営しています。肢体不自由、知的障害の人たちの通所施設です。区内西部地域が施設整備が遅れていましたが、数年前に舎人地区、今回は江北地区と積極的に施設整備を展開してきました。

お聞きをすると、現在、あだちの里の職員はパートさんを入れると400名近くになります。

その意味では今後は人材不足も含め新たな施策によって進めていかなければなりません。

来週の開設式典を含め応援をしていきます。頑張ってください。

その後は、地元の会合です。夕方には、埼玉県議会議員宇田川ゆきお県政報告会に伺いました。

宇田川県議は現在1期生です。八潮市を選挙区として活躍をしています。若手のホープとして期待をしています。更には広域連携で東京都、埼玉県、足立区、八潮市と連携が不可欠です。

その後も忙しき活動をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思うこと。

3月14日(木) 東京都議会予算特別委員会です。

午後1時からの開会です。委員会開催に伴い動議が提案されました。動議の内容は参考人招致、委員長不信任です。

それを受け委員長は、すぐさま都民ファーストの伊藤副委員長に席を譲り退席をしました。その後、混乱の中採決に入り否決されました。

一部マスコミは自民党が参考人招致を提案して否決されたから混乱をしたと、誤った報道がなされましたが、そうではなく委員長の委員会運営に問題があるので動議を提案しました。

本来、東京都議会は動議が諮られた場合、最優先で各委員に諮らなければなりません。動議の提案は最優先です。その際、過去の都議会では直ちに休憩をして理事会を開催し動議についての各党の意見を集約し再度委員会を開催、動議について採決に入ります。

この考え方は多くの先人の議員が政党が違っても考え方が違っても地方自治体のトップとして議会の円滑な運営を目指し行っていました。

今回の暴挙は議会ルールに則さず力技で行いました。

高島は直ちに議会局長、議事課長を呼び委員会の正常化に努めるように指示を行いました。その後、その返事もないまま数時間が経過したので、議会局長に控室まで来ていただきその後の経過を聞きました。

局長曰く、議会上のルールには動議がかかっても理事会を開催する必要はないとの見解で現在も委員会を開催していると発言しました。

ならば、局長に対し過去の事例では総て動議が提案された場合には速やかに理事会を開催していた、にもかかわらず議会局が今回の問題は過ちがないと発言するならば多くの先輩議会人が知恵を出し議会の正常化のために行った行為を無にすることと理解をして局長に文章にしたため持ってくるように指示したのです。

なぜならば、私達は都議会の未来についても責任があります。多くの先輩が都議会の権威と公平平等の精神のもと築いてきた慣例を無視して力技で決定することを議会局が認めたならば将来のために確固たる文章をしたため残すことが正しいと考えるからです。

昨日、ある政党の代表者が当時第1党だった自民党ですら数に驕ることなく理事会を開催していたと発言をしたそうです。議会局の考え方で議会運営をするならば、今後は理事会、議会運営委員会は不要で総ての会合で議長、委員長が採決を行うことを認めることになります。ですからこそ今回の案件を認めた議会の責任者議会局長に文章を作らせ今後の道標とすることにしました。

高島の思いが充分に伝わらないと思いますがご理解をください。

東日本大震災発災から8年になります。

3月11日(月) 東日本大震災から8年が経過をしました。

未だ行方不明の方、避難している方たちの思いを忘れず、風化させない努力が不可欠です。

8年前の11日は都議会本会議最終日でした。石原東京都知事は4選へ向けての決意を表明し終了しました。

その後に発災し都庁の窓から見える高層ビルは左に右にと揺れ、倒れるのではないかと思うほどでした。

女性職員は控室、廊下で立つことも出来ず床に座り込んでしまいました。

テレビでは津波による被害がライブで放送され誰もが声をだすことも出来ない状況でした。本来ならば石原知事の4選の決意を聞き選対会議を開く予定でしたが当然中止をして各議員は家路につきました。

新宿駅はシャッターが締まり駅前は大混雑です。高島は車で帰宅しましたが道路は渋滞、コンビニは売り切れで、何も商品が陳列されていませんでした。

あの道、この道と探しながら深夜帰宅する事ができました。

朝までテレビでの被害状況を見て地震の恐ろしさや自然災害の恐ろしさを思い知る事ができました。

時間が経過をして8年を迎えました。今だ復興は道半ばです。東京都が都民が応援をしていかなければなりません。

今年、来年の世界的スポーツイベントでも「復興」が大きなテーマです。

頑張ります。

自民党東京都連女性局(丸川珠代局長)では、統一地方選挙・参議院選挙総決起大会を開催しました。自民党東京都連幹事長として高島も必勝へ向けてのご支援をお願いしました。

 

 

 

 

風邪で苦しんでいます。

2月22日(金)~24日(日) 風邪(軽い肺炎)?

完治しないまま、活動して熱が出てしまいました。思い切って入院すればよいのですが踏ん切りがつかず、グズついています。

金曜日も熱が出て急ぎ自宅へ帰り休む始末です。日曜日には多少元気になり日程をこなしています。

朝一番で、千住本町小学校避難所運営訓練です。校庭には各町会の役員、代表者が集まりました。庶務、本部、物資、救護など各部に別れ対応します。これからお昼まで各町会から皆さんが体験に来ます。起震車など多くの体験施設が準備されています。「備えあれば憂いなし」

足立区大谷田地区にある金峯稲荷神社初午祭が行われました。

地域で人知れず祀られていた神社です。地域の皆さんがお力を注ぎ2年前より初午祭が行われるようになりました。

東京東北地区郵便局長婦人会総会です。吉田新会長が就任し、新たな役員の皆さんと2年間活躍が期待されます。参議院選挙も含め婦人部の力が期待されます。

足立区議会議員候補予定者 まちがわ尚則後援会事務所開所式が行われました。

会合の関係で、遅れての出席でしたが盛大に開催されたそうです。

これからの頑張りに期待しています。

足立区議会議員 ただ太郎後援会新春の集いが行われました。3期目の挑戦です。若手区議として期待されるホープです。

本人、後援会の、頑張りが期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お祝いの会が続きます。

2月21日(木) 午前中から地元事務所での仕事です。

春に行われる区議会議員選挙に立候補したい方、地元の仕事のこと、東京都のことなどバラエティーに飛んでいます。一つずつ大事に対応するのが高島事務所です。頑張ります。

千住4丁目、地元の酒屋さんと言えば花栗やさんです。父親同士も町会の役員、地元神社の総代など何代にもわたりお付き合いをしています。

時代の流れとともに近くに10数年前にコンビニエンスストアーをオープンしました。

引き続き、足立区扇地区に2店舗目、今日地元に凱旋をして千住4丁目店をオープンしました。明日(22日)正式オープンですが今日は開店レセプションを行いました。町会長を始め地域の皆さん、関係者が集まり無事に終了しました。

近隣に親しまれるお店として頑張って欲しいです。

夕方からは株式会社三浦工務店関係企業三和会創立55周年記念式典・祝賀会が行われました。

足立区内のみならず東京都内、全国的に事業を展開しています。会長からのご挨拶は三浦工務店は今日までお客様を大事に、関係企業を大事に、社員を大事に、この3原則を守り100年企業として今後も頑張りたいとご挨拶をされました。

期待をしています。

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 172 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.