東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • なおきのつぶやき

なおきのつぶやき

頑張っています。

3月29日(火) 午前中は足立区役所へ。

高島なおき後援会役員の方が今回のロシアのウクライナ侵攻に心を痛め足立区をとおしてウクライナに寄付をされました。

ご本人は大袈裟にしないで私に寄付金を届けるように託されましたが区にお話をしたところ近藤区長さんが直接お受けしたいと実現をしました。

区長からは感謝の言葉と先日の募金活動を行った際には多くの区民のご協力があったことをご披露されました。

ご本人からは自分自身の戦争の経験を話され一日も早い侵攻が終息することを願っていました。

終了後はランチミーティングです。参議院議員選挙、首長選などが話題となり貴重な意見交換ができました。

自民党東京都連での打ち合わせ、都庁での打ち合わせが続きます。

先日、都庁では職員の移動、退職者が発表されました。

お別れのご挨拶、異動のご挨拶が続きます。又、この季節が来たのかと実感します。

どの職場に行っても全力投球です。

日曜日。

3月27日(日) 素晴らしい天気です。

まん延防止が解除され観光地などお花見も含め混雑しているようです。

3年近く続いた新型コロナ感染症との戦いは終息への道のりは厳しいようです。

しかし、国民、都民の皆さんは十二分にコロナ対策を実行しているように見えます。在宅でお仕事をする方、夜の食事会は自粛期間として対応する方、マスク、手洗い、消毒を守る方、三密を避ける方たちなど自分自身で気を付ける、自身で健康管理をする事が当たり前の社会になりつつあります。

又、店舗でも必ず入り口には消毒液、体温計が設置されて施設内は必ずマスクを着用としています。無論、飲食店も同様の対応をしています。

今、問われる事は学校、幼稚園、保育園、老人施設などがクラスターになり家庭感染へと広がります。

4歳から11歳までのワクチン接種をできるだけ早く実施しなければなりません。

卒団式。

3月21日(月) 三連休最後の日です。

足立区軟式野球連盟所属の「クラーク」が卒団式を行いました。

新型コロナ感染症の関係で卒団式を含め多くの事業が中止になりました。

その中で、クラークの卒団式は嬉しい限りです。しかし、ペットボトル1本のみ、ソーシャルディスタンスを行い食事等はありません。

中等部は10名、学童部は5名です。又、低学年(リトル)13名が学童部に上がり活躍をしてくださると期待しています。

プラスチツクごみ削減に取り組む。と、叫ばれ時間が経過をしました。

レジ袋が有料化になりエコバッグが主流を占めスーパー、コンビニをはじめデパ地下でもマイバッグをもってお買い物をしています。

高島事務所はコロナ禍で後援会での行事は総て中止にしています。

十数年前に新春の集い開催の際に記念品としてエコバックを出させていただきました。最近、秘書さんが倉庫の整理をして見つけて現在愛用しています。

スタッフからは先を見据えての記念品(?)ですと声をかけられました。

写真を掲載しました。ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お墓参り行きました。

3月19日(土) 久しぶりにお墓参りに行きました。

年間とおして家族の誰かがお参りに行っています。

私が午前中に時間ができたのでお参りに伺いました。

お寺は先日の寒さのせいで今朝は多くの方たちが墓参にきています。

先日、我が家は母の13回忌を家族でさせていただきました。あっという間の時間の経過でした。

常に家族に感謝をして生活をしています。

午後から地元の会合が続きます。

視察しました。

3月11日(金) 東日本大震災から11年が経過しました。

いまだ日常の生活が取り戻せない状況、避難をされてから故郷へ戻れない方たちなど厳しい状況は変わりありません。

又、犠牲になられた方たちには改めて哀悼の意を表します。

他山の石ではなく自分自身の思いを忘れることなく復興に努力をしなければなりません。私たちも頑張ります。

足立区六町地域の区画整理地域で土壌汚染対策に対応する新技術を行っているとお聞きし現地で視察を行いました。

受注者は地元の白岩建設さんです。東京都の環境局、都市整備局もお見えになりました。

工法名は「バイオジェツト」です。土を入れ替えずに生化学の力で汚染土をきれいにします。ウォータージェット技術と新たに解明した「水素拡散理論」を組み合わせたことにより難透水層での浄化を可能にしました。

一言でいえば、バイオにより浄化します。その為に地中にパイプを入れ大豆を原料にした薬をパイプに注入し土壌汚染された土に散布します。

おおむね6か月で浄化され、その後2年間モニタリングします。

コストも土壌汚染の土を入れ替える作業より安価です。

メッキ業界、クリーニング業界など多くの土壌汚染に苦しむ方々に朗報です。

東京都も土を入れ替える工法ではなく新たな工法に理解をしていただきました。

勉強になりました。

夕方からは足立区と足立区議会(超党派)がウクライナ支援の募金活動をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月10日(木)事務所仕事です。

午前中の来客が終わり事務所仕事です。

日曜日。

3月6日(日) 2年ぶりの東京マラソンです。一般ランナーは3年ぶりです。

新型コロナ感染症の関係で中止をしていました。今回の開催もランナーの皆さんはPCR検査を行い陰性者のみ参加できるようにしました。

又、スタート地点では知事以外は都議をはじめ関係者などは規制され出席できませんでした。スタートも数回に分け行われ蜜を避けました。

更に沿道では蜜を避けるため応援はテレビでお願いし、ボランティアの皆さんも感染対策を行い給水、お菓子などにも気を使いました。

是非、来年の大会は通常の大会にしたいです。

足立区少年軟式野球連盟は大会での試合に対して抽選会を行いました。

本来ならば参加チームが集合し抽選(組み合わせ)を行いますがコロナ禍の関係で各リーグ代表者1名にしました。

冒頭、会長としてご挨拶をしました。日頃の青少年健全育成、少年野球へのボランティア活動に感謝をし、恒例の総合開会式は延期となる事を伝えました。

今後は秋にでも各チームが集まる大会を開催したいと考えています。

一日も早いコロナ感染症の終息を祈ります。

頑張っています。

3月5日(土) まん延防止期間が延長になりました。

6日で終了が3月21日までです。

午前中は陳情の方など忙しく対応させていただきました。

午後からは北千住駅前のマルイ、シアター1010会議室で「花畑運河開削90周年記念事業」として『花畑運河の今昔、そして未来』が行われました。

世話人代表は地元の遠山さんです。日頃、花畑運河清掃活動を行うなど地域社会に貢献をしている素晴らしい方です。

又、会場には清掃活動にかかわる方や足立区の工藤副区長はリモートでの参加をはじめ多くの方たちが出席されました。又、講師の方のお話など記念事業にふさわしい会合でした。

その後は、「各チームの女性が参加する低学年プロジェクト会議」です。

足立区少年軟式野球連盟会長として低学年のお子さんがスポーツに野球に目を向けて頂き参加を促進するための会議です。

特に普段はお子さんを少年野球に参加させているお母さんたちから生の声を聴きたいのです。

新型コロナ感染症の関係で少年野球連盟も大きな影響を受けています。練習、試合も限定され監督、コーチ、子供たちも相当ストレスが溜まっています。

子供たちも外へは出られず自宅でゲームをするなど家庭内でも問題が出ています。子供たちが野球などのスポーツをすることによりストレスも発散できます。

そのなか、連盟では初めて母親の意見を聞く機会を設けました。

これからどう対応するかは私たちの責任で頑張りたいです。

 

 

 

 

 

勉強中です。

3月4日(金) 午前中のお客様が終わりました。気が付けばお昼です。

久しぶりに町中華です。とは言えご時世ですから配達は行っていないので事務所スタッフがとりに伺いました。

昔は(年寄ですね。)、近所に幾つものお店がありお昼ご飯や夕ご飯をお願いしていました。残念な事にお店が閉店してしまいました。

デリバリーですが地元足立区千住では限界があるようです。

特に新型コロナ感染症が拡大して緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が発出され飲食店などが厳しい状況にさらされています。閉店をする店舗も増えています。

連日、飲食店以外の業種業態の皆さんがご相談にお見えになります。

本日も個人タクシーの方のお話が聞けました。繁華街は午後9時近くになると静かになり通行人も少なくなっているようです。タクシー業界も厳しい経営を強いられています。飲食関係だけではなく多くの企業、業種が苦しい叫びをあげています。3年めに突入の日本です。特に東京は更に厳しい状況を強いられています。一日も早い日常を取り戻したいです。

午後からは近日中に講演をします。その資料の準備です。

常に勉強です。

3月2日(水) 午前中は各種団体の皆さんとの打ち合わせです。

新年度の予算が発表されました。更に働き方改革など課題は山積しています。

公共事業は適正価格で受注していただき、優れた技術でより良き生産物を造っていただき、

将来に禍根を残さないことが絶対条件です。そして、受注者も利益を上げていただき納税していただく事が

公共事業の完結だと思います。

その意味ではまだまだ行政が充分認識を持っていないように考えられます。

無論、急激な改革や是正ができないこと充分に理解しますがやはり現場に注視して

声を聴く努力をしていかなければなりません。議会も同様に努力をしていかなければなりません。

午後からは都庁へ。

各局との打ち合わせが続きます。

夕方からは地元の会合です。

« 1 2 3 4 203 »
PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.