東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 東京都政

東京都政

警視庁 東京都犯罪発生マップを公開

5月28日(水) 先日、警視庁が東京都内の犯罪発生場所を地図にして公開しました。身近な犯罪の発生状況を目に見える形で表すことにより、防犯情報として役立てていただくことをねらいとしています。確かに一目でわかる犯罪発生マップは様々な視点で犯罪を捕らえることができ、犯罪抑止に役立ちそうです。
 この地図の足立区部分を見ると、駅周辺の繁華街で犯罪が多く発生しています。意外なのは、人が多いところでの犯罪が多いというのはわかるのですが、事務所等侵入盗が西部地区の住宅街にも広がっていることです。
 また統計表を見てみると、23区内犯罪発生件数ワースト3位に足立区が入っています(1:新宿区、2:世田谷区、3:足立区)。しかしながら件数が多いからといって、治安が相当に悪いということではありません。人口密度などを考えれば、足立区は他地域よりもずっと少ないのです。統計表につきものの「数字のマジック」ですから、いたずらに不安がることはないと思います。
 ところで行政の最も基本的な仕事は、住民の「安全と安心」を確保することです。過日の都知事選での石原慎太郎知事の公約は「安心・安全の確保」とあり、また区長選挙での鈴木恒年区長の公約は「安全、安心、安らぎのあるまちづくり」です。今後の犯罪抑制対策に期待し、私も地域住民・都・区・警視庁と連携しながら治安向上に努力してまいります。
※リンク:警視庁・犯罪発生マップ(足立区)
※リンク:警視庁・東京都の地区別刑法犯発生状況

電力供給の感謝とお願いへ 自民党福島県連訪問

5月21日(水) 先週の話です。選挙中でしたが福島県までトンボ帰りしてきました。私は、現在都議会エネルギー問題研究会の事務局長をしております。過去、エネルギー問題についてHPにも載せましたがいろいろ活動しています。
皆さんもご存知のように東電の不祥事により原発が稼動しておりません。このままでは、東京は6月から大変な問題になります。特にライフラインが停止し生命の存続にも影響してきます。そこで、東京都議会自民党では執行部とエネ研が5月15日福島県自民党幹部に「感謝とお願い」のご挨拶に伺いました。
当日朝、鈴木区長の選挙応援で駅頭に行きそのまま福島に行きました。福島県議会では40名以上の報道陣が待ち構えており、想像以上に現地では神経を使っていました。山崎幹事長が東京都民を代表して「安全」、「安心」を大前提に早期稼動を要望しました。それを受け、原福島県連幹事長は、原発立地地域としての苦渋を述べ、広く都民の理解、国・東電へのエネルギー政策の強い意見を話されました。
その後の懇談は、福島県議と東京都議の話し合いは初めてであり、産廃の不法投棄など、共通の行政課題が多くあり今後も継続して議論をすることを約束するなどたいへん意義のあるものでした。
終了後、山崎幹事長に多数の報道陣が取り囲み、緊急記者会見が行われました。帰京の新幹線の時間もなくなり、高島からストップをかけざるをえなくなるぐらいでした。
福島県のテレビ・新聞・ラジオなどが大きく取り上げその資料を送ってくれました。ご覧になりたい方は、事務所まで御一報下さい。
来週27日は、新潟県へ伺います。
※リンク:ニュース・石原都政2期目スタート!(電力問題)(2003-04-23)
※リンク:ニュース・電力供給問題について(2003-04-30)
※リンク:asahi.com MYTOWN福島・【原発】運転再開を事実上容認
※リンク:福島ニュース ・原発再稼働へ動き急 8町村、事実上運転に同意
※リンク:週刊朝日・関東大停電の危機(2003-05-02)
※リンク:自由民主党福島県支部連合会

選挙の合間をぬって

5月14日(水) 選挙戦もちょうど真中にきました。各候補者も疲れが溜まってきている頃だとは思いますが、あと残り3日が勝負です。戦い抜きましょう!!
そんな合間をぬって、明日、高島は自民党福島県連に、日頃の首都圏への電力供給に対する感謝の気持ちを伝えると同時に、原発再稼動のお願いにあがります。福島県や新潟県で作られた電力は、8割が首都圏で消費されます。原発をかかえる県民の皆様の不安を私達は理解・解消し、もっとエネルギーに対して真剣に考えていかなければいけないのではないでしょうか。

カラスの巣の撤去

5月13日(火) 子育て中のカラスが通行人などを襲う被害が相次いでいるため、都の自然環境部計画課は今シーズンも巣の撤去作業を行います。受付期間は5月6日〜7月31日まで。対象になるのは、カラスが通行人を襲ったり、威嚇するケースに限られ、都の委託業者が被害状況を確認した上で実際に巣を落とすかどうかを判断します。また、カラス自身を捕獲するトラップ(仕掛け)も設置し、被害の拡大を防ぎます。しかし、私達も公園でのBBQなどの残り物など、放置しないで持ち帰るなどの意識は必要です。
選挙3日目です。今日はNHKの記者さんが事務所におみえになりました。お互いの情報交換をした後、桃太郎に同行したいとの事でしたので一緒に五反野駅前を歩きました。記者さんには、この選挙がどのように映ったのでしょうか。
※リンク:東京都報道発表資料・今年もカラスの巣落としを行います

電力供給問題について

4月30日(水) 先日、HPに掲載しました電力問題。これから夏を向かえ更に電力消費が増えていきます。残念ながら未だ福島県、新潟県にはご理解を頂けないのが現状です。そこで、第一弾として福島県自民党県連に東京都民を代表して安全対策、早期稼動の要望に伺うことになりました。福島県では統一地方選挙が終了したばかりで5月13日より3日間が臨時議会で全議員が揃っているとの事で15日に伺うことが決まりました。都議会自民党山崎幹事長、宮崎政調会長、進藤総務会長、そしてエネルギー問題研究会代表幹事である田中都議、大西都議、高島です。是非地域の皆様にご理解を頂き首都東京の電力確保に万全を期したいと考えています。

東京風くるま クリーンエネルギー風力発電

4月27日(日) 東京湾の埋立地に建設した東京臨海風力発電所の風車見学会を今月、16回実施する事を決定し予約を受け付けています。風車は通常立ち入り出来ない場所に立っているため、お台場から貸し切りバスで東京都環境局が案内をします。各回先着50名まで。事前申込みが必要です。
※リンク:東京都環境局・東京風くるまを見に行こう

「東京再生都債」購入者の現場見学会を開催されます

4月25日(金) 昨年12月に発行された、東京都のミニ公募債「東京再生都債」購入者を対象に、現場見学会が開かれます。この東京再生都債は、東京の街づくりを目的として2回発行され、400億円分が各回わずか80分程で完売した人気債権です。今回行なわれる見学会は、購入された方々にその都債が使われる現場を実際に見てもらおうと企画されたものです。このように債権の使用目的が確認できるということが、即完売という結果になったのではないでしょうか。
先月、国が発行した国債は13億円売れ残りました。やはり債権が使用目的をはっきりし、情報を公開をしていかないと、購入者の方には魅力的に映らないようです。債権に限らず一般の商品やサービスでもそのような傾向があるように思います。
いろいろな知恵や工夫を凝らし、魅力あるものを作り上げていく。これが確かな景気回復であり、行政改革ではないかと思います。
※リンク:東京都報道発表資料・「東京再生都債」現場見学会を開催します
※リンク:東京都報道発表資料・「東京再生都債」第2回 完売のお知らせ

石原都政2期目スタート!

4月23日(水) 本日から石原都政の2期目がスタートしました。自民党控室に都知事がご挨拶にお見えになり、意気込みを話されました。
その後、関係者とお会いさせて頂き、関東圏の電力供給についてお話をさせて頂きました。
この度の東京電力による原子炉の中から、ひび割れや不正申告等が発覚した事に対して、原子力立地地域の皆様が大変なご不安をお持ちになっていらっしゃる事を十分に認識し、地域の皆様の安全・安心を取り戻す為に、東京電力、それを監督する国に対して、都議会自民党として、立地地域の皆様と同じ目線で厳しく信頼回復へ向けた取り組みを求めていく事を確認しました。
東京電力は現在、4月15日からすべての原子炉を停止しています。このまま原子炉の運転再開が無ければ、日増しに気温が高まり、本格的な夏の電力需要シーズンには供給不足が避けられません。長期的・安定的なエネルギーの確保だけでなく、地球環境の保全といった観点からも、原子力発電は必要不可欠なものと考え、安全確保を大前提とした首都圏への電力供給再開を働きかけていきたいと思います。
特に、最大消費地である東京を代表して都議会自民党として山崎幹事長を中心に福島県、新潟県の自民党県議会に対し感謝と早期運転開始のお願いの訪問をすることでの確認ができました。更に、石原知事と共に節電キャンペーンの展開を行っていきます。

都民のご要望をしっかり受け止めます

4月18日(金) 建設住宅委員会委員長として頑張っています。
過日も足立区宮城第二都営住宅自冶会長 手塚末雄さんから当団地の窓枠、手摺をスチールからアルミに替える(窓枠および手すり改修工事)要望がありました。東京都住宅供給公社にお願いしておりましたが、今回、工事を行うことになりました。本年、7月初旬には、工事についての居住者説明会を開催し、本年11月初旬には完成予定です。
都民の皆様のご要望についでどしどしご相談下さい。

おかえり!“リンリン”

4月24日(木) 1月29日のHPでもご紹介した、上野動物園のジャイアントパンダの“リンリン”が繁殖活動を終え今月26日に帰国します。1月27日メキシコのチャプルテペック動物園に向けて出発したリンリンは、
◎3月25日・シュアンシュアン(メス15歳)に発情の兆候が見られたため、リンリンから精液を採取し、人工授精を実施。
◎4月6日〜8日・シンシン(メス12歳)に発情の兆候が見られたため、リンリンから精液を採取し、毎日1回、計3回の人工授精を実施。
※シーファ(メス17歳)に関しては、発情の兆候が見られたものの、排卵が確認できなかったため、人工授精は実施していません。
大役を終えたリンリンの体調は良好で、結果については、7月中に判明する予定です。新しい命の誕生が楽しみです。リンリンの体調が良ければ、今月29日の9時30分から一般公開される予定です。

« 1 109 110 111 114 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.