東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 東京都政

東京都政

依然として厳しい電力需給 都庁の省エネ率先行動第2ステップへ

6月26日(木) 昨日に続き、省エネ・節電の話です。
 2月25日のニュースでもお知らせしましたが、都庁では全庁をあげて「都庁省エネルギー運動」を実施してきました。しかし、夏場の電力需給が厳しいことには依然として変りありません。そこで、都庁ではさらに「第2ステップ」の省エネ運動を始めます。
 ご承知のように、エアコンの使用が増える夏は、電力の最大需要期であり、電力ピーク時間帯(午後1時〜4時)の電力使用量の抑制(ピークカット)が有効な対策となります。 都庁舎内はもちろんこと、浄水場施設でのピーク時の送水流量抑制、下水道処理施設での電力抑制など、さらに節電に向け対策を行ないます。
 また、店舗・事業者の皆様には、省エネ・節電を呼びかけ、「節電対策実施中の統一ビラ」を貼っていただき、節電への協力を要請していきます。
 電力危機は、東電による一連の不祥事に端を発したことですが、省エネ・節電の取り組みは地球温暖化防止にも役立ちます。例え夏の電力危機が過ぎ去ったとしても、引き続き省エネ・節電は心がけたいものです。都民の皆様にはご迷惑をおかけしますが、どうかご理解・ご協力をお願い致します。
※リンク:東京都報道発表資料・厳しい電力需給状況を踏まえた都庁の率先行動(第2ステップ)
※リンク:東京都環境局・都庁舎の省エネ対策
※リンク:経済産業省・資源エネルギー庁・節電キャンペーン

刻々と変化する情勢の先を見つめて

6月25日(水) 省エネ都議会が昨日より開催されました。マスコミも副知事人事案件(福永副知事・竹花副知事)もさることながら、省エネ都議会に注目し、取材陣が多数押し寄せました。山崎孝明幹事長を始め、都議会エネルギー問題研究会の田中晃三会長も、私高島事務局長も、取材の調整で大忙しでした。本会議終了後も東京都の役人から「タイムリーでしたね」とお褒めの言葉を頂き一安心です。
 さて、石原慎太郎東京都知事の所信表明は、緊急の課題として、治安の回復(担当副知事の選任)・新銀行の設立・大気汚染の改善(ディーゼル規制)を強く述べ、政策の苗の育成としては、交通インフラの整備・都市型エンターテイメントの創造(東京ドームでの競輪)・雇用のミスマッチの解消(しごとセンター)・福祉、医療の改革・教育改革・目前の危機への対応等に取り組んでいくと訴えました。さらに、都政の構造改革として、都政改革の第2ステップ・地方分権の推進を進めると決意を語っておりました。
 そして、最後に「立国は私なり 公に非ざるなり」という福沢諭吉の言葉を引用しました。「東京を思い、国を思うことこそが最も大切な私ごとであり、その意思の積み重ねが国を動かす力となります。都民、国民の皆様には、是非とも東京の将来、国家の将来を自分の問題として深く考えることをお願いいたします」と、ご本人の考えの一端を申し述べました。
 名実とも石原慎太郎知事2期目のスタートです。
※リンク:平成15年第ニ回都議会定例会知事所信表明

省エネ都議会開会

6月24日(火) 今日から始まる第2回定例会。初日の本会議では議場の照明を8割カットして開会されます。
 原発停止の影響で電力不足が懸念される事について、都議会としても率先して省エネルギーを推進していかなければいけません。1日議場の照明をカットする事によって、実質的な省エネ効果は金額にして5500円程度だといいます。また、高齢者や障害者用のエレベーター2基を除き、終日停止させることも決めました。
 議場には天井に採光窓がある為晴れれば2割の照明でもかなり明るく、答弁書も読めるという事で知事のOKも出ました。ただ、夜になれば自然光が入らなくなり、答弁書も読めなくなったり、傍聴者の危険防止も考慮して、来月1日からは通常通りの照明に戻します。テレビ中継で見るのもいいですが、議場で8割カットを体験するのもいいかもしれません。
 ちなみに、閉会中の議場の見学は8割カットのままだそうです。

「思い出ベンチ」設置しませんか?

6月20日(金) 東京都建設局は7月1日から、思い出を刻んだ名前入りのプレートを取り付けた『思い出ベンチ』の設置者を募集します。日比谷・井の頭両公園に設置予定です。
 日比谷公園開園100周年を記念して企画されたもので、結婚や野球大会優勝などの記念に、文字を刻み込んだ真ちゅう製のプレートを取り付けたベンチを希望者が購入し、公園に寄付をするという仕組み。
 設置者の負担額は鉄製の脚部がシンプルなものが15万円、大銀杏のデザインが入ったものが20万円。東京都は財政負担無く施設を整備でき、設置後は都の財産となるメリットがある。
 たくさんの有志の力によって設置される事を期待しています。
※リンク:東京都報道発表資料・あなたの思い出を公園に残しませんか「思い出ベンチ」

地下に埋まる危険な水路

6月18日(水) 今日の読売新聞の朝刊にこんな記事が載っていました。
 東京都内の都道や一部国道の地中に崩落する危険性のあるコンクリート製水路が大量に埋設されていることが都の調査でわかりました。いずれも幹線道路を横切る形で埋まっており、判明しただけでも計572ヶ所に上り、このうち128ヶ所は環状7号線に集中しているとの事です。
 この埋設水路は、以前田畑などへ水を供給する水路として利用されたものであり、周辺の開発によって不要となったまま、現在に至っています。これまで、埋設水路を起因とする没落はありませんが、東京都建設局では計画的に対策を講じています。平成14年までには十数ヵ所対策を講じましたが、今年度からは更に都道にある埋設水路については計画的に対策を行い、15年度は、環状7号線の足立区にある4ヶ所の対策を予定しています。なお、緊急性の高い埋設水路から順次対策を行い、10ヵ年程度で対応をしていく予定です。
驚くニュースでしたが、東京都では都民の皆様が安心・安全に生活できるよう確実な対策を行っていますご理解下さい。

朝刊を見て感じました

6月11日(水) 今日の東京新聞朝刊にこんな見出しのニュースが掲載されました。「電力危機 都議が陳情」。このニュースは私のHPに掲載をした首都圏への電力安定供給の感謝とお願いに福島県と新潟県へ行った件の記事です。
 都議会自民党は、東電の不祥事により原発が操業停止になり6月〜8月までの期間は電力不足により非常に危険な事態になりかねないとの観点から都民の安全生活の確保のため、更には、平成11年に都議会自民党は新潟県の立地地域に今回と同様の行動を取り地元県連三富幹事長、西川市長にもお会いし感謝をした経緯がありました。
 そのような関係から今回も山崎幹事長を中心に陳情行動を取らしていただきました。両県は主に首都圏での電力供給地に対する理解不足そして安心・安全の確保を述べていました。
 私たちは更に都民に対し両県の苦渋を理解して頂き良好な関係を維持し首都東京の責任を果たしていく事が必要だと認識しています。その為には、今後も継続して友好を深め共通の行政課題については積極的に取り組む事を約束してきました。
 私はこの朝刊記事の意図に疑問を感じています。立地地域の考え方、首都圏の考え方、国、東電等、公平に記事にすべきで、面白おかしく書くのは福島県、新潟県に失礼ではないでしょうか。
→おまけの話
今朝、青井町の木村佐一さんから「新聞読みました、頑張っていますね」とメールを頂きました。
大変感激しました。 😀

まだまだ、頑張ります。足立の街づくり

6月7日(土) 昨日、都住宅局幹部の方と話をする機会がありました。大変記憶に残る話でしたのでHPにご紹介します。
 住宅局といえば、都営住宅の建設と維持管理が主たる業務でした。しかし時代は変化し、都民の居住形態の大部分を担うマンションは、維持管理から建て替えまで総合的な対応をしなければなりません。そのために住宅局では、「分譲マンション建て替え改修アドバイザー制度」や、都民が安心して購入できるように「東京都優良マンション登録表示制度」を創設しました。
 さらに、若年ファミリーへの住宅支援として利用機会の公平を図りながら、利便性の高い地域の都営住宅については「期限付き入居制度」を実施しております。
 また都営住宅の建て替えについては都民共有の財産である敷地を高度利用し業務用地を生み出し、民間活力を活用しながら業務・商業・住宅・福祉機能などを導入したプロジェクトを推進し地域の活性化を図っています。そして木造住宅密集地域の整備をはじめ多くの事業を展開し、1200万都民が快適で安全な生活を送れるよう日夜努力しております。
 さて足立区では、区内に公共住宅は約32000戸があります。これらをどう地域のために活用するかが求められているのではないでしょうか。過去の住宅の建て替えでは、住区センター・保育園等の併設を求めていました。しかし現在、都営上沼田地区周辺団地建て替え事業については老朽化した団地に対し建て替えを促進しながら余剰地を生み出し足立区と協議し地域の活性化に寄与し、民有地については地区計画をかけ新たな街づくりを行おうとしています。そして千住地区においては、京成線・千住大橋駅そばにある公共住宅(千住橋戸アパート)を含めながら駅前開発、街づくりをはじめようとも考えています。
 このように足立区ではまだまだ眠った莫大な資産があるのではないでしょうか。それをただ単に認識するだけなのか、それとも宝の山として生かしていくのかは、議員と行政の考え方一つです。
 私は、この資産を有効活用し足立区を発展させるために努力したいです。
※リンク:東京都住宅局

足立消防署 新庁舎落成

5月29日(木) 午前10時より足立消防署新築落成式典が開催されました。旧庁舎は昭和45年に建設され永年にわたり地域防災の核として活躍してきましたが老朽化に伴い、今回新庁舎が建設されました。
庁舎は地下1階地上13階建てで、耐震・耐火性にすぐれ、防災拠点としての機能が十分発揮できます。
その特徴として
 1、震災時に消防職員が速やかに活動できるように防災員宿舎が併設されています。
 2、消防本部としての機能の充実強化が図られています。
 3、地域の防火防災、応援救護の知識と行動力をより向上するために防災教室が設けられています。
 4、隊員の気力、体力の向上を図る施設として各種訓練施設が設けられています。
 5、地下に100トンの防火水槽を設け震災時の活動体制を確保しています。
このように大変期待される施設が完成しました。足立区役所の隣であり、区との連携を保ちながら足立区の防火防災の拠点としての活躍が期待されます。
→おまけの話
東京都議会警察消防委員会委員長として同期の吉野利明議員が三鷹市からお祝いに駆けつけてくれました。心より感謝申し上げます。
本日から6月8日まで、毎日庁舎見学ができます。最終日には様々なイベントが予定されています。
(写真:新庁舎。日光街道を挟んで足立区役所の前にあります)
※リンク:足立よみうり新聞・足立ファイヤーステーション華やかに落成式典
※リンク:東京消防庁

首都移転にNO! 移転しない方向に

5月30日(金) 一昨日開催された、衆議院の国会等移転特別委員会(中井洽委員長)は、「意見集約に至らなかった」として中間報告を採択し、事実上首都機能移転を断念しました。
 バブル時代に計画された首都機能移転は、当時とはまったくといっていいほど社会情勢が変っており、12兆3千億円(都試算では20兆円)とも言われる移転費用が大きな国民負担となるのは明かでした。また計画そのものが最初から「首都移転ありき」というものであり、首都圏民3300万人の意思が無視されていました。
 東京都を含む七都県市は、首都圏民・議会と協力し得ながら「断固首都移転反対」を貫き、移転反対集会や様々な啓蒙活動を行なってきました。こうした活動が実り、今回このような結果になったことは意義深いものがあります。
(写真:首都機能移転反対ポスター。写真には石原知事を起用)
※リンク:東京都・首都移転NO!のホームページ
※リンク:衆議院国会等の移転に関する特別委員会
※リンク:国土交通省・国会等の移転ホームページ
※リンク:Yahoo!ニュース・首都機能移転

ドッグランの試行延長

6月1日(日) 過日のニュースの中で、神代植物公園のドッグランの視察についてお話させて頂きましたが、当初5月31日までの試行的開放だった駒沢公園と神代植物公園のドッグランが、夏の施設利用状況等の検証を引き続き行うため、今年の10月末日まで延長されることになりました。
 昨年12月2日から開放されたドッグランですが、同時にインターネットでのアンケートも行ってきました。約6000人の方にお答えいただいた結果「ドッグランを設置すべき」と答えた人が87%いました。また、この公園の犬を連れていない利用者400人の聞き取り調査によると、「ドッグランが必要」と答えた人が74%もいます。
 いろいろなHPを見ていると、足立区にもドッグランを設置して欲しいとの声がよく見受けられます。犬を飼っている人にもそうでない人にも、公園で楽しく過ごすという観点から、私も実現に向けて各行政機関に働きかけをしているところです。
※リンク:東京都報道発表資料・都立公園でのドッグランの試行を延長します
※リンク:財団法人東京港埠頭公社・都立大井ふ頭中央海浜公園「しおさいドッグラン」

« 1 105 106 107 112 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.