東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • お知らせ

お知らせ

2月17日(月)1月23日から始まった東京都知事選も2月9日の投開票で無事に終了をしました。
わが党が支援をしたますぞえ要一候補が当選をさせて頂きました。
多くの方々のご支援に心から感謝申し上げます。
又、個人的な感想を言えば2位、3位の候補者の方たちは脱原発を中心に有権者の皆さんに訴えましたが、お二人の得票数を足しても1位の得票数に及ばなかったことが強く心に感じました。
都政は脱原発を否定はしませんが、それ以上に少子高齢社会を迎えた多くの課題、東日本大震災の発生から時間は経過しましたが、何時来るか分からない首都直下型地震に対する防災減災、額に汗を流し頑張っている中小経営者の皆さんが報われる経済政策(景気回復)、6年後に控えた2020年東京オリンピック・パラリンピック開催と成功、更には10年後の東京、20年後の東京をどれだけ素晴らしい世界一の都市にするかが問われた選挙戦ではなかったでしょうか。
無論、高島なおきは足立区がどれだけ発展をするか問われた選挙戦でもありました。(どれだけの人がその事を認識していたかは疑問ですが)
高島なおきが都議会議員として直接触れた知事は青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹3知事であります。共にキーワードは作家と言えるでしょう。
私は過去の知事の批判をする事は好みません。又、あえて話すこともありません。
只、過去の知事選は東京のみならず人気投票や後出し立候補した方が当選をされていました。政党が絡まない選挙であり、ある意味どなたか知事になっても二元代表制の議会を無視した結果しか残らなかったように思います。
だからこそ、得票数をバックに傲慢になり自分自身の発言や判断は総て正義と勘違いして独断専行し都政の混乱を招くことが多かったと思います。
局長や部長の話は聞かない、何かあれば責任を転嫁する、そんな噂話が多くなり、挙句の果てには知事と会った時から終わりまで怒鳴れぱなしの課長もいたなどと、この種の話は絶えません。真実は分かりませんが。
しかし、今回の都知事選は無所属の候補者全員でしたが裏では自民党、公明党、民主党、共産党など政党色は拭いきれなかったと思います。当然マスコミも同様の報道がなされていたと思います。
それは何かと言うと先ほど書きましたが、知事になる事が目的ではなく4年間東京のリーダーとして何を成すべきかが問われるからです。
知事が何をしようが議会の理解を得なければなりません。議会が高飛車に政策にクレームをつけようというのではありません。知事と議会が共に信頼関係を築きながら都政を前進しなければならないのです。
知事も有権者の選択ならば都議会議員も有権者の選択から選ばれた議員です。共に都民の代表とし良好な関係を維持し一定の距離を置き共に都民の福祉に貢献する務めをも持っています。
どちらかが力が強くなってもダメです。共に頑張る以外に前進はありません。
その事を語れる知事が誕生したと思います。
そして、何よりも行政マンと真剣に議論できる知事が誕生したとも言えるでしょう。
期待をしています。
そして、議会は知事を知事は議会をチエックしながら頑張っていきましょう。
都知事選挙が終わり翌日からは高島なおき後援会行事が行われやっと選挙戦を振り返ることが出来ました。
是非、新知事には、二元代表制のもと議会と一緒になって、世界一の東京を創るべく、日々、悠久の都政を実践していってほしいと心から願っております。

総裁遊説

2月2日(日)都知事選選挙サンデーです。
銀座三越前交差点でますぞえ要一候補の遊説に安倍晋三総裁が入りました。

フレンドリーマラソン

12月23日(月) 3連休の最後です。明日はクリスマスイブ、忙しさに翻弄され時の流れを感じません。
朝9時過ぎには荒川河川敷へ。「第4回フレンドリーマラソン」の開会式です。約1万人のランナーが参加をしています。
ハーフマラソンや小学生の競技など高齢者から小さいお子さんまで参加する各種のマラソンが準備されています。
式典では高島なおきも都議会を代表してご挨拶をしました。
驚いたのは多くの知り合いがエントリーしている事です。例えば豊島区選出の堀こうどう都議、東京都からは細井スポーツ振興局長など足立区、東京都からも多数出場しています。
11時からのハーフマラソンではスターターを任され轟音を響かせました。全ランナーをスタートが終わるのは10分以上かかりました。
一言、寒かったです。
その後は、舎人神社のごぼう祭りへ伺いたくさんのごぼうを買ってきました。
さて、午後の会合です。夜まで予定が一杯です。

法人事業税の暫定措置をめぐる状況についての勉強会。

8月28日(水) 午前中からの政策委員会が午後には終了し財務局長、主税局長を含め主要幹部が控室に見え法人事業税の暫定措置をめぐる状況について全議員対象で勉強会が行われました。
平成19年、国の経済財政諮問会議における「地方法人2税の税収が急速に回復していること等を背景に、地域間の税収の差が広がり、財政力の差が拡大する」という問題意識から生まれた措置であります。
平成20年度税制改正において地域間の財源の偏在是正に対処するため、消費税を含む税体系の抜本改革が行われるまでの間の暫定措置として法人事業税を分離し、地方法人特別税および地方法人特別譲与税が創設されました。
一言でいえば、都税である法人事業税を国税化して国が平成20年度から現在まで累計で約8,000億円を召し上げられてきた事実があるという事です。そして、その財源は46道府県に配分されていました。
本来は3か年、3,000億円の暫定措置でしたが、当時の自民党、国は消費税を含む税の抜本改革まで暫定措置を継続してきました。更に、消費税導入に伴いこの措置は解消される予定ですが、新たな財源を徴収するために知事会は法人住民税を国税化する案を考え10月には国の検討会、11月には自民党税調での議論、12月には税制改正大綱で決定をする運びと考えられます。
この案件が認められると、地方税を国税化するわけですから23区はもとより都内市町村にも影響を及ぼし財源を国に持っていかれ地他の道府県に配分される事になります。
知事会は自分たち地方の税を国税化することを認めるという暴挙に出ることは天に唾を吐くことです。
本来、東京都は47都道府県の中でも首都東京として他の自治体を牽引する責任があります。また、外環道の建設促進、羽田空港の国際化や東京が日本全体に便益をもたらす責任と行動をしてきました。
残念な事に東京都の財源の大部分は企業の経済活動から生じる利益が税として都に納入されます。しかし、景気低迷のあおりを受け、東京都も決して豊かな財源を持っているわけではありません。又、47都道府県の中で唯一国の地方交付税を受けない不交付団体です。そこに追い打ちをかけ東京都の税を持って行こうとする姿勢に怒りを覚えます。
断固反対をして東京都の財源を守らなければなりません。そして、今回、都議選で当選した1期生にも充分理解をしていただきたいと願っています。
明日は都連所属の国会議員の先生方への説明会です。無論、島も執行部として出席をします。
これから波乱の議会生活になります。

漂流する政党。

7月25日(木) 衆議院選挙をポップとするならば都議選のステップ、参議院選のジャンプで6か月以上にわたる選挙が終了しました。
自民党の圧勝と言える結果でした。有権者の皆様には心から感謝を申し上げます。そして、4年前の自民党の大敗を忘れることなく頭を下げ謙虚に国政、都政の発展に努力をしたいと決意をしています。
しかし、報道を見る限り民主党、みんなの党は再出発をするどころか党内は混乱をして、さらに国民が不信感を増長させる暴挙に出ているようです。
民主党内では引退をした元総理と元総理はともに国民を裏切る発言や公認を外された候補者を応援するなどの反党行為を行い責任を追及されています。
又、みんなの党は代表と幹事長が意見の相違が露呈し会合から出される始末です。
23日から始まった19期の都議会で2日目で早くも1期生数人が新たな会派を組織したそうです。開いた口がふさがらない、驚きで言葉が出ない状況です。
自民党内で1期生が先輩の指導や人事で異論を挟むのは10年早いと馬鹿にされます。それ以上に除名される恐れもあります。組織を知らない烏合の衆の集まりと言われても反論は出来ないでしょう。情けないです。有権者に何と説明をするのか首をかしげます。
されど、人の姿を見て自分たちも反省をしなければなりません。4年前の苦しさを乗り越え今日があるのです。だからこそ先ほど述べたように謙虚に一人一人を大事に、初心を忘れず頑張ります。

参議院選挙。

7月16日(火) 朝から選挙、選挙です。
自民党足立総支部では参議院候補東京選挙区の公認候補2名の個人演説会を開催しました。支持者も含め都議選の疲れが出て会場を満席にすることは出来ませんが無事に終了をしました。
高島なおきをはじめ後援会も少し休ませて状態です。
とは言え、自民党が勝利をして新たな日本を建設する必要は当然の事であり努力、努力しかありません。
参議院選挙が終われば都議会の新年度がスタートして忙しさが増します。嬉しい悲鳴ですが、支持者の皆さんにお会いする機会が少なくなり心が痛みます。
しかし、前進あるのみです。心くじけず努力します。

消防団。

5月2日(日) 光陰矢のごとし。
三週間後の投票日に向け忙しい毎日です。今朝も関原地区の朝市からスタートです。
各候補予定者はのぼりや区議会議員、支持者を連れて桃太郎作戦をしています。高島なおきは静かにお一人、お一人に挨拶をしながら名刺が必要な時にはお出しする程度です。前回の選挙の時ある朝市で高島陣営も含め買い物客からうるさいと罵倒されたシーンがありました。その時の思いが忘れられず必ず少人数で笑顔で買い物を楽しむ姿に努力をしています。気のせいか、先方から頑張れと、声かけて下さる場面が多くなったようです。努力以外にありません。
その後は、地元の本町小学校の運動会です。天気予報では雨が降りそうでしたが晴天の中元気に子ども達が頑張っていました。
残念な事に最後まで見る事が出来ず千住消防団操法大会に出席です。今年の3月までは多氣団長でしたが4月から地元中の地元鈴木さんが団長に就任をしました。
各分団は練習する場所に苦労をしながら訓練を重ねての大会です。各分団が素晴らしい操法を展開していました。
地元第4分団は同率3位でしたが失点の関係で4位になってしまいました。しかし、優秀選手として1番団員の坂本さんと4番団員の鈴木さんが表彰されました。
自分達の街は自分で守ると、強い決意で頑張る消防団の皆さんに心から敬意を表し何としてでも都議会壇上に上がり消防団の為に頑張りたいです。

夏休みになり最初の日曜日です。

7月22日(日) ジュニアスポーツ大会表彰式が行われました。
足立区保木間グランドには小学生、中学生のチームが揃いました。
優勝、準優勝、3位を表彰しましたが、足立読売、読売新聞社の協力により区内4ブロックのチームに対しての表彰も行われました。
又、読売巨人軍からは小学生の優勝チームにはジャビット君も贈られました。
暑い日が始まります。水分補給をしっかりして勉強にスポーツに頑張ってください。
又、第1回女子学童都知事杯の第1回戦が行われ調布市のチームと対戦をしました。15対2のコールドで足立フェアリーが勝ちました。
2回戦は28日に世田谷区の女子チームとの戦いです。
茂柳会ゆかたざらいが興本住区センターで開催されました。恒例の民謡の発表会です。皆さん練習の成果を発揮してご披露をしていました。
夕方からは足立区少年軟式野球連盟足立選手権の抽選会です。区内各所から監督、コーチが集合しました。
島会長からは連盟の報告と子供たちの怪我や熱中症に対しての注意を促しました。暑い日がこれから続きます。
その後は、千住本町5町会宵宮連合会の懇親会です。
9月の例大祭を控え最後の打ち合わせです。昨年は、東日本大震災の関係で5町会が揃って大祭を迎える事は出来ませんでした、その分、今年は5町会が揃って宵宮を迎え更には30周年のお祝いの会も行います。
宵宮顧問として、是非、素晴らしい大祭を行いたいです。

夕日町三丁目都電ジオラマ

1月25日(水) 以前HPに書かせて頂きましたが、昨年は東京都交通局100周年を迎えました。
江戸東京博物館においては交通局の数々のメモリアルを展示して多くの方が見学に来ました。
又、三ノ輪−早稲田間の都電は久しぶりに花電車が走り多くのフアンが集まりました。
島の家から2〜3分の日光街道に21番北千住−水天宮間が走っていました。
終点の千住4からよく都電に乗っていました。
又、先日公開になった「AL WAYS三丁目の夕日」と、コラボをして都電のジオラマが発売されました。
思わず予約をしましたが1か月ほど制作が伸び今日到着しました。
早速、事務所に飾り走らせています。壊さないように大事にしたいです。

お祝い会

11月29日(火)  都議会自民党総務会長に就任した吉原 修議員(町田市選出)の就任祝賀会が町田市で行われました。
島も同志の一人として出席をして激励をしました。特に吉原議員は3期生として活躍をしており多摩地域の新たなリーダーとして期待できる人物です。
又、祝賀会では先日正式に発表された東京23選挙区支部長として小倉さんを紹介しました。
ご本人からは経歴と決意を熱く述べました。若い30歳の候補予定者ですが必ず町田市をはじめ東京、日本のために働く青年です。皆様のお力をお貸しください。

« 1 2 3 28 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.