東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 未分類

未分類

総会。

5月25日(金) 事務所での仕事が終わり東京都浴場生活衛生同業組合足立支部総会です。

支部長のもと総会も無事に終了し、懇親会では旧役員の方たちに感謝の気持ちを込めて花束の贈呈がなされました。

新役員のみなさんが今期も活躍されることを心からお祈り申し上げます。

急ぎ都庁へ。

局との打ち合わせが終わり東京都たばこ商業組合連合会総会です。

水谷理事長と共に東京都内各地の役員さんが参加をしています。無論、今回の受動喫煙防止条例についての説明が行われました。

業をなしている方は厳しい状況に追い込まれます。又、飲食関係の皆さんも従業員が努めているお店は原則禁煙です。例えば日本蕎麦屋さん、中華料理屋さん、バー、スナックなどは小規模な店舗です。室内にスモーキングルームを作ることは不可能です。厳しい経営を強いられます。

都議会自民党は受動喫煙は選挙公約です。しかし、過度な条例は多くの関係者に甚大な影響を与えます。国では100平米以下の店舗には緩和措置がなされています。その意味合いは重要です。

又、23区内は区がポイ捨て条例、歩きタバコ条例が施行されており、外での喫煙が限定されます。そこへ室内での強い禁煙条例は大きな課題を生みます。

海外では室内は禁煙、屋外は指定された場所では喫煙が許されます。ロンドンでは歩道上にあるゴミ箱の上には必ず灰皿が設置されています。

今後、海外の観光客が増えるとき観光客の皆さんも自国と差で戸惑うのではと心配しています。

その後は東京都テント・シート工業組合、東京都下水道メンテナンス協同組合総会です。

下水道メンテナンス協会では知事の入札制度の改悪により入札の不調が増え都政の進展が遅れました。

今回、入札制度が元に戻りました。このお話をしたら会場から拍手をいただきました。言葉には出さずとも皆さんは苦しんでいたのです。本当に都民ファーストと、標榜する事ができるのか疑問です。

その後も各団体の総会に出席をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張っています。

5月21日(月) 自民党東京都連へ。打ち合わせです。

その後は、佐々木ベジ会長ののもと全日本きものコンサルタント協会定時総会に伺いました。会場のニューオータニホテルは全国から集まった先生方で満席です。

伊吹先生、野田先生など国会の和装議連の先生方も駆け付け盛大に行われました。

都議会自民党では尾崎会長をはじめ東京都医師会の役員の先生方がお見えです。

第2回都議会へ提案予定されている受動喫煙防止条例の要望活動です。

都議会自民党に対して条例案の賛成の要望を述べられました。髙島も含め多くの団体から賛否の意見を頂いています。是非、それらの意見を集約して判断しますとお答えしました。

引き続きJT、タバコ販売組合、飲食関係その他多くの団体の皆さんが受動喫煙に対しての要望にお見えになりました。

私達は小規模事業者の皆さんの声を聞き、区市町村会の声を聞き、首長会の声を聞きながら判断をします。

その後は、東京都生コン三組合総会、東京都製紙原料協同組合総会、東京都建設業組合70週年記念式典・懇親会など総会に出席をしました。

都政の混乱した現状、来年のラクビーワールドカップ、2年後の東京五輪の状況を説明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日、地元で頑張っています。

5月20日(日) 晴天です。清々しい風が吹いています。区内各地では多くの催し物が行われています。

足立区ソフトテニス連盟・鈴木喜久江杯第19回女子大会、第9回男子大会が行われました。

多くの選手がご参加をして日頃の成果を発揮し頑張っています。

足立区青年会議所が実行委員会として開催をしました第42回わんぱく相撲足立場所開会式に出席をしました。

今年は300人以上のお子さんが出場します。土俵も3箇所に分けての対戦です。優勝者は国技館での東京大会に出場します。

ご父兄が多数応援に駆けつけ盛大です。皆さん熱中症、怪我には気をつけて下さいとお願いしました。

JCの皆さんも汗をかきながら頑張っています。

家庭倫理の会講演会が行われました。「ともに生きる」をテーマに素晴らしい後援会でしたが、次の会合のために途中退席です。

申し訳ありません。

各駅頭ではユニセフの募金活動が行われています。又、綾瀬駅前の公園ではバザーも開催されいっぱい買い物をしてきました。焼きそば、たこ焼き、ジュースなどなどです。食べきれるかな?

引き続き足立綾瀬剣友会総会、懇親会です。

その後は時間をかいくぐって日本橋高島屋へ。

今回も全国の匠の会が行われています。東京都も毎年国際フォーラムで開催する匠の会とは若干違いますが物づくりは東京の日本の大事な産業です。

担い手も含め応援することが大事です。買い物はしませんが各地の素晴らしい物づくりに改めて驚かされます。

頑張れ日本!頑張れ物づくり!

その後も地元の会合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都議会自民党政策推進本部を開催しました。

5月17日(木) 午前中から都庁へ。

都議会自民党政策推進本部を開催しました。第2回定例会を向かえ各局との勉強会です。

その間、行政との打ち合わせも行いました。

終了後、受動喫煙防止条例の勉強会です。

明日も政策推進本部勉強会が予定されています。

日曜日です。

5月13日(日) 足立区議会議員 故鯨井光治先生の納骨が行われました。

光陰矢の如し。時間の経過は早いです。

3月末にご逝去され多くの支持者と共に悲しみに暮れ、無事に葬儀が終わりました。

本日の法事は身内だけの集まりです。

菩提寺での法要、納骨と進められました。

ご長男の実さんも何か以前より成長したように見受けられます。

父親が逝去し長男として判断を迫られる機会も増えたと想像します。

その意味では父親の大きさや苦労が少し理解できたように見えます。

これからも同じ志を持つ同志として支え合いたいと思います。

改めて心から哀悼の意を表します。

その後も地元の会合です。忙しい日曜日です。

あだち市場の日。

5月12日(土) 奇数月で行われている「あだち市場の日」に伺いました。

普段、市場に入れない都民の皆さんに市場に興味を持って頂く、お魚を食べて頂くなど一般開放をしています。

今朝も多くの方たちがお見えになり買い物をしていました。

高島もガッチリお買い物をしました。

お昼には区内在住で2年後の東京パラリンピック水泳競技に選手として参加すべく頑張っている佐藤ひろきさんが事務所に来て下さいました。

突然の事故で車椅子生活を余儀なくされながらも、水泳競技に参加をして現在は50メートル背泳ぎの日本記録保持者です。

しかし、世界の壁は熱く、ひたすら頑張っている好青年です。

高島もがっちり応援することを約束しました。目標は2年後の五輪大会です。

足立区新聞販売同業組合総会が行われました。布施新組合長のもと紙離れ、新聞離れを防ぐために頑張っています。

公立小中学校、都立高校にも各新聞を配布し若い人たちに興味を持ってもらう努力も欠かさず行っています。

都政の場でも全力で応援です。

夕方からも地元廻りです。

頑張っています。

5月11日(金) 午前中は事務所仕事です。

日本インテリアコーディネーター協会の方たちもご相談にお見えになるなど忙しく活動をしています。

午後からは自民党東京都連、都議会です。

都議会では、数局の皆さんと打ち合わせです。第2回定例会も近づき課題も

大きくなりました。

特に受動喫煙条例、豊洲移転に伴う千客万来施設の関係、築地再開発の件など問題山積です。

東京都議会第1回定例会予算特別委員会の我等の質疑を考えてみると、昨年の予算特別委員会の質疑と大差ありませんでした。

変化といえば10月11日に築地市場から豊洲市場への移転が決まっただけです。

それに伴う多くの課題は結果が出ていません。

又、受動喫煙条例についても国の法律が国会の混乱に伴い採決まで至っていません。

法律制定がままならない中(しかも制定手続中にも関わらず)、うわ乗せ、横出しの条例を出す知事をはじめ執行機関の考え方が理解できません。

例えば、以前は医療機関内禁煙、敷地内外は建物内外ともに禁煙だったのが、敷地内禁煙、屋外に喫煙場所設置可に変わってしまいました。

又、国の法律では面積の緩和措置がなされ100平米以下で、個人、中小企業は規制対象外にも関わらず従業員を勤務させている飲食店は総て原則屋内禁煙(喫煙専用室内でのみ喫煙可)、従業員を使用していない場合は禁煙・喫煙を選択できるとの内容で、都条例は施行しようと考えています。

まさに飲食店を標的にした規制強化に見えます。

更に理容業、美容業、パチンコ店、ゲームセンター、浴場などなど施設内で喫煙室を設けない限り総て禁煙になります。

高島事務所もスタッフの方がいますから当然ですが室内禁煙です。

これでは、喫煙室を設けるか施設外に喫煙場所を設ける以外にありません。

残念な事に都議会自民党は地方地自治権の拡充を国に対して願い、努力を続けていますが、区市町村の受動喫煙条例があるにも関わらず、都の条例を上乗せして施行するという愚行を行おうとしています。まさに基礎的自治体への冒涜です。

東京都は国の法律改正に対して、過去多くの抵抗をしてきました。根拠は地方自治の権能を守るためです。

東京都が区市町村に対してこのような対応をするならば、東京都は国に対して黙って従わなければならなくなります。つまり、上位団体には従えということです。

国には抵抗して、区市町村には押し付ける。こんな不公平を行う東京都は常軌を逸し、思い上がりも甚だしいと言えます。

高島なおきは、常に公平・公正・公明に対応することが正しいと理解をします。

 

地元です。

5月10日(木) 午前中から地元の会合、打ち合わせです。

今日は都庁へは行かず地元対応です。

祝賀会。

5月9日(水) 自民党東京都連23区幹事長会が行われました。

秋田一郎都議会自民党幹事長からは都政報告と受動喫煙などについて報告がなされました。

又、高島からは来年行われる統一地方選挙についてなど報告されました。

引き続き、都庁では局との打ち合わせ、受動喫煙についての行政からのヒアリングを行いました。

夕方からは我が会派の幹事長である「秋田一郎都議会自民党幹事長就任祝賀会」が行われました。

多くの支持者が集い盛大に催されました。又、衆参国会議員、都議会自民党の同志が駆け付けて下さいました。感激です。

秋田一郎幹事長の謝辞は心温まる言葉で溢れていました。

都議会議員に初当選してからの思いと落選した時の厳しさ、そして苦しい状況下でも支えてくださった支持者への感謝、子供の誕生など「人間、秋田一郎」が表れたご挨拶でした。心からご盛会をお祝い申し上げます。

 

 

 

4月24日(火) 消防庁臨港消防署は大型消防救助艇「おおえど」就航式典を行いました。

「おおえど」は従来の消防艇では行えなかった、7万トンクラスの航行不能となった大型客産等を安全な数域まで曳航したり、船首の向きを変える押船が可能なダグボート型大型消防救助艇です。

又、他の消防艇にはない、多くの機能を有し今後の活躍が期待されます。

式典終了後、VR防災体験車が4月21日より運用開始となり初体験をさせて頂きました。

揺れや振動、匂い、水しぶき、熱気など臨場感ある体験もでき、地震の恐ろしさと備えについての心構えを獲ることが出来る体験車でした。

隣接された地区には2年後の東京五輪選手村の工事が行われており車中から見させて頂きました。

更に事務所に戻る際はこの度完成をした首都高の晴海インターから乗り現状を見させて頂きました。

晴海地区は大きく変化を遂げつつある街を体感する事が出来ました。

午後からはお見舞い、外部からのお客様の対応です。

夕方からは足立青色申告会定時総会、東京都社会保険労務士・政治連盟足立、荒川支部定期大会が行われました。

引き続き、地元の会合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.