東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。

活動報告

  • HOME »
  • 活動報告

この夏 冷やして飲もう!!「東京水」

7月31日(土) 東京都水道局では、「もっとおいしく、安全に」の想いを込めたペットボトルのお水『東京水』を作りました。これは、東京都独自に設定した美味しさの基準をクリアする為に(国の基準も高い水準でクリアしています。)高度浄水処理をしたもので、カルキ臭さやカビ臭が取り除かれたおいしい東京オリジナルブランドのお水です。
 明日からは「安全でおいしい水キャンペーン2004」のイベントの一環として各地で親子で参加出切る夏のイベントが行われます。イベントに参加された方には無料で『東京水』をお配りします。みなさんも『東京水』をごくごく飲んでみましょう!
※リンク:「安全でおいしい水プロジェクト」オフィシャルサイト

足立の花火大会 今年も大盛況

7月30日(金) 前日からの台風の影響による雨にも関わらず、29日朝一番には花火大会決行を決断した区長は凄いなぁと思いつつ、タオルを持って(雨対策)会場に何人かで向かいました。雨の動向を伺いつつだったのか、出足は少し遅かったようにも思いますが、たくさんのお客さんが今か今かと待ち構えていました。
 鈴木区長・田中議長の挨拶、一輪車大会で足立区に来ていた選手の方の紹介後、皆でカウントダウンをし始まりました。今年のテーマは“華”。色とりどりの大輪が咲き乱れ暑さも時間も忘れました。今年は、約50万人の人出だったそうです。

大雨にも負けず 一輪車世界大会

7月29日(木) 昨日からの予報で、狙ったように台風が関東に近づき大荒れだと言われていたなか、正午過ぎから「第12回 国際一輪車競技大会」プログラムの一つが、荒川河川敷(宮城ゆうゆう公園)のサイクリングロードで行われました。この大会は今月23日から来月1日まで都内各所で様々な競技が行われます。今回は世界20ヶ国から約200名の選手が集りました。バスケットボールをしたり、ダンスをしたり、ホッケーをしたりと子供から大人まで激しく、かつ楽しく競い合います。足立区での開催は10キロマラソンです。参加選手はレース終了後、足立の花火見物のご褒美が待っています。
※リンク:社団法人 日本一輪車協会
※リンク:足立区で国際一輪車競技大会開催中(足立よみうり新聞)

「竹仲」壮行会が行われました

7月28日(水) 過日お知らせ致しましたが、足立区少年軟式野球連盟のチーム「竹仲」が高円宮賜杯争奪の全国大会に出場する為、壮行会が行われました。東京都内の約1500チームの代表として全国のチームと戦います。選手本人の努力は勿論の事、監督・コーチをはじめ、保護者の方々のご協力あっての出場であり、笑う事が出来たチームもあれば、悔し涙を流したチームもあったという事を忘れずに、怪我をしないよう精一杯頑張ってきて欲しいと思います。

夏の工作教室

7月27日(火) 昨日、地元「千寿本町小学校」で子供達の工作教室がありました。本町小の美術の先生の指導のもと、“ブラックボックス”なるものを一生懸命作っていました。黒い箱の形の展開図に蛍光絵の具で好きな絵を描いていきます。それを内側にして箱を組みたて、小さな穴から光を当てて覗きこむと、自分で描いた絵や文字が浮かび上がるという仕組みです。この他にも、陶芸教室や違うテーマの工作教室が夏休みの間に開催され、子供達も楽しんで有意義な時間を過ごしています。

第48回墨東5区軟式野球大会開催

7月25日(日) 今日は荒川河川敷でラジオ体操が行われました。子供も大人も参加し、しっかりと朝の体操を行いました。この1曲を真剣にやれば、汗が出て体中のあらゆる個所がほぐされます。私も小さい頃からラジオ体操をしていますので、曲がかかれば自然に体が動き出します。
 ラジオ体操ですっきりした後、昨年に続き「第48回墨東五区軟式野球大会」が開催されました。今年は足立区が担当区で他の4区の皆さんをお迎えしました。昨年も出場したスタークラブをはじめ、足立区から7チームが参加しました。鈴木区長の挨拶や田中議長の始球式があり熱戦が繰り広げられました。
来週8月1日は平野グラウンドで1部の準決勝が、東綾瀬公園野球場でそれぞれの決勝があります。なんと第2部と第3部の決勝は足立区同士の対決です。熱い闘いがみられそうです。結果は以下の通りです。
-第1部-
MAJOR CLUB vs 葛飾区 3−4×
がんも vs 墨田区 8−1○
BUZZ(バズ) vs 江戸川区 1−3×
-第2部-
スタークラブ vs 墨田区 2−0○
ドジャース vs 葛飾区 3−0○
-第3部-
蔵王スターズ vs 江東区 8−0○
足立ユニオンズ vs 江戸川区 6−3○

「竹仲」足立区長を表敬訪問

7月24日(土) 昨日、足少連所属チーム「竹仲」が鈴木恒年区長を表敬訪問しました。
 来月から始まる高円宮賜杯争奪第24回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント出場の報告です。4月からの地区予選を見事勝ち抜き全国大会出場を手にした「竹仲」は、北は北海道から南は九州までの51チームの頂点を目指して闘います。優勝チームにはグアム旅行の副賞が与えられます。初戦は、8月8日、ひたちなか市民球場で山梨県と三重県の勝者と対戦します。
※リンク:学童軟式野球チーム・竹仲野球部
※リンク:足立よみうり新聞・「竹仲」全国大会出場で区長を表敬訪問
※リンク:全日本軟式野球連盟・高円宮賜杯第24回全日本学童軟式野球大会 出場チーム紹介一覧

今年も「大江戸打ち水大作戦」

7月26日(月) 昨年の8月25日、NPOによる呼びかけでヒートアイランド現象を緩和しようと「打ち水大作戦」が行われました。そして、今年も8月18日から25日に決行されます。
 昨年の参加者は冷夏にもかかわらず、34万人が参加しました。今年は、100万人を目指してPRしているそうです。お風呂の残り湯、貯めた雨水を利用してもらうことで、水の再利用の大切さを再認識してもらう狙いもあります。

※リンク:大江戸打ち水大作戦

シュアンシュアン 3度目の挑戦

7月23日(金) 何度かHPに掲載してきた、上野動物園のジャイアントパンダ“シュアンシュアン”の人工授精のニュースですが、過去2回のチャレンジでは妊娠は認められず、今回3回目の人工授精を行いました。通常パンダの発情期は2月から5月とされていますが、今月9日頃から発情の兆候を示すホルモン値が上昇したため、上野動物園のリンリンの精子を使い人工授精しました。パンダは妊娠から出産まで約5ヶ月かかり、出産の直前まで妊娠を確認できないこともあり、今年秋間で結果はわかりませんが、今度こそはいい結果を聞きたいと思います。

コンビニで医薬品を販売

7月22日(木) 薬剤師がいないコンビニや小売店で15製品群・371品目の「医薬品」を成分を変えないまま「医薬部外品」に移行し販売する事が決まり、今月30日から解禁になります。
 24時間営業しているコンビニでは、欲しいものが、無さそうであるという利便性が受け入れられ、店舗数の多さによる売上も魅力的な市場ですが、その一方で、専門店等の競争は益々激しくなり生き残りに必死です。しかし、この371品目の「医薬部外品」移行により年間300億から400億円の出荷量になる事も大変な流通量です。

« 1 508 509 510 566 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.