東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 選挙関連

選挙関連

頑張っています。

10月16日(土) 今朝は衆議院議員候補予定者「土田しん」さんと共に足立市場へ伺いました。

土曜日の魚市場です。まだまだ緊急事態宣言の影響もあり買い出しの方たちも少ないと思いましたが多くのお客様でした。本人も市場内ですから名前を伝え元気に頑張っていました。1か月の期間で知名度を上げるのは至難の業ですが力いっぱい頑張ります。

その後は、自民党東京都連での打ち合わせです。お昼休みに地元へ戻り足立区議会議員 瀬沼剛先生の恒例のふるさと足立舞踊まつりです。コロナ感染症の影響で委縮している心をほぐす絶好のタイミングです。

観客席にいらっしゃる皆さんお笑顔は素晴らしかったです。

急ぎ自民党東京都連へ。

3時からは東京15選挙区は自民党江東区総支部、自民党東京都連の意志である自民党衆議院公認候補予定者として今村ひろふみさんを推薦しました。しかし、党本部は自民党を支えている総支部、都連の意向を無視して他の1名の方も含め2名の候補予定者を推薦することに決定をされました。ごく最近まで自民党を批判していた方を平気で受ける自民党本部には驚きと悔しさで胸が張り裂けそうです。岸田総裁は常々「聞く力」と発言をしています。私は国民一人一人の声を大事にする、自民党を支えている組織、現場の声を聞く力だと信じていました。これ以上発言することはありません。

しかし、ひとつ、一つ丁寧に自民党江東区総支部、自民党区議団と意見交換をし、すべての組織が了承して党本部に公認申請をした今村ひろふみさんです。

悔しくて昨夜は眠れませんでした。

今朝も市場から帰ってきたら自民党東京都連に今村氏がお見えとの事、急ぎ都連に向かいました。ご本人はこれらの結果を受けても不退転の覚悟で立候補すると、固い決意を聞かせていただきました。

その決意を聞き午後には日民党江東区議団総会にお伺いし高島から一連の報告をしました。その席には今村ひろふみ候補予定者も同席し決意を述べられました。

夕方には地元では土田しん候補予定者の街頭演説です。

自民党東京都連は必ず必勝を期す決意でがんばります。

 

 

 

 

 

ご挨拶回りです。

10月15日(金) 朝のお客様が終わり各種団体へごあいさつ回りです。

午後からは自民党東京都連での打ち合わせが続きます。

終了後も各種団体へあいさつ回りです。

夕方からは同志会の皆さんとの会です。但し、緊急事態宣言が解除されたとは言え本日もお弁当です。飲食はお持ち帰りでご挨拶終了後解散です。

急ぎ土田しん選対会議へ。

来週の19日からは告示、選挙戦に突入です。多くの報告事項を話し勝利に向けて頑張る決意をしました。

衆議院が解散しました。選挙モードです。

10月14日(金) 午前中のお客様が終わり自民党東京都連へ。

はぎうだ大臣、高木けい衆議院議員とともに遠藤選対委員長への面会です。

国会では衆議院が解散され選挙選へ突入です。

各種団体へご挨拶に伺っています。又、都議会でも打ち合わせ、自転車活用推進研究会が行われました。

本会議、全国幹事長会などが続きます。

10月13日(水) 朝から都庁です。

都議会自民党役員会・総会です。東京都議会令和3年度第3回定例会最終日です。

補正予算も含めすべての議案に対して賛成です。又、人事案件が提出され多羅尾副知事、梶原副知事が退任をして

新たに黒沼総務局長、潮田財務局長が副知事として提案されました。自民党は賛成をしました。

終了後、自民党東京都連へ。全国幹事長会です。岸田内閣初めての幹事長会です、コロナ禍、選挙戦も近いのでリモートでの会です。

各県連からの質疑では選挙戦に関する案件が多いです。厳しい選挙戦が想定されます。

終了後も選挙戦体制についてなど打ち合わせが続きます。

各種団体協議会。

10月12日(火) 朝の仕事が終わり自民党東京都連へ。

自民党東京都連の支持母体である各種団体協議会世話人会が行われました。来るべき衆議院議員選挙選に向け各団体へ推薦状の依頼、業界の応援依頼です。

幹事長として都議選のお礼とともに選挙のお願いをしました。

その後は、自民党東京都連幹事長として各種団体へお願いに回り始めました。100か所以上に回ります。

各団体に強いお願いです。

その後は、都議会自民党へ。

東京都ビルメンテナンス協会との意見交換会、警備業界との初めての意見交換会などが行われました。

何よりも現場の声を聴き都政に反映させます。

 

頑張っています。

10月10日(日) 朝から自民党東京都連の仕事です。

夕方には「土田しん」さんの街頭演説です。頑張ります。

自民党東京都連支部長・常任総務会。

10月9日(土) 午前中の仕事と合わせが終わり自民党東京都連へ。

午後からは自民党東京都連支部長・常任総務会です。

都連幹事長として都議選、総裁選の報告並びに昨日、党本部に提出した衆議院議員選挙について報告しました。

又、都連所属の国会議員から党役員、大臣就任の報告とご紹介をさせていただきました。

更には来るべき衆議院議員選挙において自民党東京都連は各小選挙区、単独比例候補予定者を紹介しました。

最高顧問の深谷隆司先生からは激励のご挨拶を賜り決戦に向けての熱い思いが湧き出てきます。

終了後は、東京15選挙区について打ち合わせ、東京12選挙区の打ち合わせ、自民党東京都連事務局との打ち合わせが続きます。

夕方にはこの度、鴨下一郎衆議院議員勇退に伴い鴨下先生の後継者として決定された土田しんさんの街頭演説会が西新井駅前で行われました。

打ち合わせです。

10月7日(木) 朝からのお客様です。

終わり次第、自民党東京都連へ。自民党江東区総支部との打ち合わせです。

その後、来年の参議院議員選挙で立候補予定の「長谷川ひではる」東京後援会立ち上げ式に伺いました。後援会長には徳茂参議院議員が後援会長に就任予定です。

私も自民党東京都連幹事長として来賓祝辞をしました。

今月中に衆議院議員選挙そして来年は参議院議員選挙と忙しいです。

衆議院議員選挙。

10月4日(月) 朝から自民党東京都連です。

衆議院議員選挙関連の打ち合わせです。決めなければならない事柄、役員会での話し合いなど議事整理をしていましたら突然解散の話が飛び込んできました。

10月19日告示、10月31日投開票です。

驚きと同時に時間がありません。さらに打ち合わせが続きます。

午後からは地元の後援会の皆さんとの打ち合わせです。頑張る以外にありません。打ち合わせ、会合が夜まで続きます。

自民党東京都連での仕事途中で岸田新総理が決定をしました。

自民党東京都連所属のお二人が閣僚として就任をしました。活躍を期待します。

菅政権を振り返ってみるとこの1年大変な実績を残してくださいました。

ファイザー製薬のトップと数度にわたり話し合いが行われました。日本は諸外国に比べワクチン接種は後発でした。しかし、現在米国を抜き2回接種済の方が約60%に達しました。ワクチンの安定供給に大きな力を発揮してくださいました。

又、デジタル庁の開設、CO2の削減を含む環境問題など短時間で大きな実績を上げられました。

マスコミは説明責任が不足と話す方もいますが、私はそうではないと思っています。菅先生の言葉の重みを理解されていない、そんな思いがあります。

過去を語るのはこれ以上話すことはないと思います。それよりも岸田新内閣に大きな期待をして短期決戦の衆議院議員選挙に向け努力あるのみです。

自民党東京都連。

10月3日(日)  午前中には自民党足立総支部の会合です。

東京13選挙区候補者に決定した土田慎君の打ち合わせです。

短期間のうちに多くの活動をしなければなりません。組織全体で努力を積み重ねます。

岸田新内閣の閣僚人事が固まってきました。

自民党東京都連所属では萩生田光一経産相、若宮健嗣万博相です。今後は副大臣、政務官、党役員など期待したいです。

« 1 2 3 4 48 »
PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.