東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 選挙関連

選挙関連

いよいよ終盤 区内各所で街頭遊説を行ないました

11月6日(木) 昨日夕方4時より宣伝カーに乗り込み、選挙区内13箇所で街頭遊説を行ないました。各所短い時間ではありましたが、多くの方々に耳を傾けていただきました。遊説時間中にスタッフが手際良く政権公約パンフレット(マニフェスト)を配布させていただいたところ、たくさんの方に取っていただきました。今までにもだいぶ配布してきたと思っていたのですが、まだまだ有権者の皆様のお手元には届いていなかったようです。我々が実現したい政策がこと細かく書かれています。配布できる期間はあと2日間。ぜひお手にとっていただき熟読してみてください。
 なお、政権公約パンフレットは、選挙事務所、もしくは遊説車等にて配布を行なっています。
(写真:街頭で訴える高島なおき)

ラスト4日!!

11月4日(水) 今朝も梅島駅頭で候補者の「朝のご挨拶」に行ってきました。各候補者の陣営も来ており、通勤客には大変ご迷惑なお願いです。ただ、過去の選挙とは違い夕方から午後10時過ぎまで駅頭でお願いするケースが当たり前になってきました。ある陣営に聞くと、夜のほうが有権者がビラを取ってくれる、また興味深く候補者、応援者に注目してるということです。あと4日間、最後まで頑張ります。

選挙サンデー 衆議院選、折り返し

11月2日(日) 今朝は関原商店街の朝市からスタート、選挙期間中のため各党候補者が入り乱れてのご挨拶でした。その後、私は技能祭、文化祭へと顔を出さしていただきました。
 午後3時30分からは、綾瀬駅頭において、小泉純一郎総裁の応援街頭演説会を開催しました。私の見る限りでは4000人以上の観衆で埋め尽くされ、大変な熱気に包まれました。候補者も熱のこもった挨拶をされ無事終了しました。11月9日に向け大変な励みになりました。
(写真:小泉純一郎総裁 綾瀬駅前・東綾瀬公園にて)

マニフェスト

10月30日(木) 今朝は北千住駅頭で「おはようございます」と、候補者と一緒に選挙運動をしてきました。公明党、共産党と入り乱れての挨拶合戦です。通勤の方には大変ご迷惑でしたゴメンナサイ。
 マスコミでは今回の選挙は2大政党への転換選挙、そしてマニフェスト選挙といわれています。自民党もマニフェストを作り、限られた会場ですが配布をしています。各党の政策がよく理解でき論点が明確になり,有権者には判断材料に適しています。是非、機会がありましたらご覧下さい。

衆議院議員選挙がスタートしました

10月28日(火) 衆議院選挙がスタートしました。午前11時より東京13選挙区自民党公認候補者の出陣式に出席しましたが、あいにくの雨。候補者の決意表明のときも傘を持っているため拍手もできず多少盛り上がりに欠けたのではないかと心配をしましたが無事終了しました。足立区の20%の地区はお隣の北区と一緒の東京12選挙区です。今回は、自民党公認候補者が比例に回り、選挙協力をしている公明党の候補者に代わりました。東京25選挙区のうち公明党単独候補はこの選挙区だけです。他の選挙区では自民党候補を全面的に支持していただく代わりに、この選挙区では自民党も協力をします。事前ポスターでは小泉総理、安倍幹事長、候補者とのスリーショットのものが張られ有権者も喧々諤々の意見です。とにかく、今回の選挙はやりにくい戦いです。ただひたすら、なすべきことを行うだけです。 

衆議院解散! 自由民主党躍進に向って!

10月10日(金) 本日、衆議院が解散となりました。これで、本格的に選挙に向って突き進みます。
 夕方より、事務所の市川が北千住駅前でビラを配布しました。普段よりビラをとっていただける人が多かったようで、選挙の感心の高さが伺えます。
 注目のマニフェスト(政権公約)ですが、「小泉改革宣言(自民党政権公約2003)」として、党の政審・総務会で決定しました。内容は「日本の明るい未来を創ります」をはじめとする7つの宣言と、「官から民へ、民間にできることは民間」など10項目でまとめられ、わかりやすく表現されています。
 しかしながら残念なことに、詳細については、公職選挙法の規程によりインターネットに掲載することができません。冊子になった正式なものは、衆議院議員総選挙公示後、支部連合会、選挙事務所、街頭演説会場等で配布されます。皆様のお手元に届くようになるのは、選挙告示日の10月28日以降になります。
 ともかく自由民主党躍進に向け、力の限り頑張ってまいりますので、後援会の皆様、党員・党友の皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。
(写真:自民党の新しいポスター)
※リンク:自由民主党
※リンク:asahi.com 自民党が決定した政権公約の要旨

いよいよ明日解散か!?

10月9日(木)  小泉総理は6日の夜からインドネシアのバリ島で開かれた国際会議に出席し、今朝羽田に帰ってきました。いよいよ明日解散かと思わせる中、12選挙区の八代英太先生は、断腸の思いで、今回の選挙は、比例代表東京ブロックから出馬する事が先週末正式に決まりました。八代先生は、『党のため 身を切りのぼる 無念坂』と心境を句に詠みました。
 このような自民党・公明党・保守新党との候補者調整選挙区というのは、全国でも20箇所以上あり、未決着の選挙区もまだまだありそうです。
 国民の心情を汲んだ選択・改革をお願いしたいものです。

東京政経フォーラム

10月3日(金) 昨日、自民党東京都連主催の『東京政経フォーラム』が赤坂プリンスホテルで行われました。
 来月行われるであろう衆議院議員選挙・来年7月に行われる参議院議員選挙の、事実上総決起大会でした。各候補者29名が壇上に並びそれそれの決意表明をしました。
 その中で、東京3区から出馬する石原宏高候補は、勢いが良く、はつらつとしていたのですが、緊張の為か言葉に詰まってしまいました。お父様の石原都知事は、舞台裏で冷や汗をかいていました。石原候補のように若い候補者が何名も出ています。この若い力を国政に活かし、自民党を変え、日本を変え、私達が安心して暮らしていける国家にして頂きたいと思います。
 来るべき総選挙では、25名の衆議院候補者が全員当選できるよう皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。
 

小泉純一郎総理が再選

9月20日(土) 本日、自由民主党総裁選挙の投開票が自民党党本部で行われました。結果は以下の通りです。
          議員票  党員票  合計
小泉純一郎   194    205   399  
藤井孝男     50     15    65
亀井静香     66     73   139 
高村正彦     47      7    54
有効投票総数657票(議員票357・党員票300)の過半数329票を大きく上回り、399票を獲得した小泉純一郎総理が総裁に再選されました。
東京都支部連合会での党員投開票結果は以下の通りです。
選挙人数   65210人
投票総数   51279票
投票率     78.64% 
有効投票数  51053票
無効投票数    226票
          得票数  党員算定票
小泉純一郎  36967     8
藤井孝男    1844     0
亀井静香    8019     1
高村正彦    4223     1

野中広務元幹事長が引退

9月10日(水) 自民党総裁選がスタートしました。そのなか、野中広務元幹事長が引退表明されました。理由はマスコミ報道で皆さんご承知の通りです。
 4年前、鈴木区長と共産党吉田候補との厳しい戦いの折、足立区本木地区の演説会に駆けつけて下さり、あの独特の声での激励の挨拶が今でも忘れられません。
 この決断は、本人の責任でお決めになったと理解します。しかし、目先のことで判断が歪められ、信頼を無視する議員がいるとしたら人間として失格ではないでしょうか。「約束は守る」「信頼に生き信頼に死す」高島なおきは、その思いで今日まで努力してきました。その気持ちをこれからも持ち続けます。また、派閥政治も崩壊の道をたどり始めました。
 10月1日よりディーゼル車規制がスタートします。東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県で同時に始まる予定でしたが、千葉県が事実上離脱する見通しとなりました。
 千葉県議会はディーゼル車排ガス規制条例の罰則規定の適用を2005年3月まで延期する方針を固め今日、県自民党総会で正式決定する方針だそうです。各都県では、規制導入を目前に控え対象車両への排ガス浄化装置装着を懸命に呼びかけてきました。千葉県では装置の装着は22.3%にとどまっており県の装着購入への補助が不十分である以上、罰則規定は遅らせるべきと考え延期を判断したと思われます。装着が最も進んでいる東京都では、10月の規制開始時点で、規制対象車の2割(推計)が違反車両と想定されますが、装着の申請をしていれば罰則の対象にはなりません。
 良い空気を吸いたい、首都圏の環境を良くしよう、との理念で努力をしてきたにも拘らず突然、このような対応をする千葉県に対し理解ができません。もしこのような姿勢をとるとするならば隣接自冶体にも充分コンセンサスを得て行うべきだと思います。築き上げた信頼関係はどうなるのでしょうか。
※リンク:毎日新聞・罰則適用を伸ばす条例改正へ 自民党千葉県連
※リンク:Yahoo!ニュース・排ガス規制の罰則先送りへ 自民千葉「補助も不十分」

« 1 34 35 36 38 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.