東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。

活動報告

  • HOME »
  • 活動報告

小中一貫教育『4・3・2制』

2月18日(火) 品川区では2006年の開校を目指して、9年間の義務教育課程を、小中一貫で『4年・3年・2年』という学年に構成する考えをまとめました。これは、子供の心身の発育段階に合わせて学校運営するという狙いがあります。
品川区教育委員会によると、最初の4年は、学級担任による指導中心で、残り5年間は教科担任制による指導になります。その他、必修科目に加えて選択教育学習も取り入れられ、最後の2年間は選択学習の時間を増し、さらに自由な勉学の機会を与えるということです。
対象となったそれぞれの小・中学校は、文部科学省の研究開発校に指定されており、学習指導要領に縛られず教育課程の編成が可能になります。
足立区でも、学区域の廃止や、五反野小学校の“新しいタイプの学校運営”への取り組みなど、子供達の成長に合わせて指導する教育を推進しています。子供を持つ親として、学力の低下が叫ばれている今、限られた時間の中で、多くの事に興味を持たせ、その中でどれだけ個人の能力を引き出してあげられるか、学校に期待するところがあります。しかしながら、転入の問題など、素朴な疑問も無くはありません。これからの動向を見て、良い制度はどんどん吸収し、実践していきたいと考えています。

今日は、節分です!

2月3日(月) 本日は節分です。明日は立春、暦の上では春です。地元の神社数ヶ所に豆まきの為出席しました。概ね時間帯が同じのため数は廻れませんが、毎年、欠かさず出るようにしています。心に残ったことは、千住四丁目氷川神社での事です。地元の本町小学校の6年生が校外授業として節分に参加します。下級生は、一生懸命手をのばして豆を取ろうとします。微笑ましい場面です。来年も楽しみにしています。
2日後には一般質問の事前通告日。早く原稿を作らなければと、少し焦っています。

台東区長選スタート

2月2日(日) 今日から台東区の区長選挙がスタートしました。前区長の飯村氏の急逝による選挙です。同士の吉住 弘氏の事務所開きに出席してきました。350名以上の方がお見えになり盛会でした。この人たちが9日の投票日に向けて頑張って頂ければとの思いです。今回は、自民党公認候補ですので、次に控えている統一選挙にも影響があります。その為にも、私は台東区の有権者探しです。必勝を心よりお祈りいたします。
夜は、大先輩の藤木二幸区議会議員の 『区会議員10期・40年ありがとう 藤木ニ幸さんの労をねぎらう集い』 に出席いたしました。私も30年以上ご指導を賜り多くのことを学ばして頂いた先生です。心より感謝とご労苦に敬意を申し上げます。会場は満席で鈴木区長をはじめ各党の区議会議員、国会議員、都議会議員、各界の方がお集まりいただき心温まる会でした。今後も、ご勇退するとはいえ、ご健康にご留意を頂き、後輩を厳しくご指導頂きたいと思います。 本当に、ご苦労さまでした。
※リンク:吉住弘オフィシャルサイト

一般質問までの作業風景 その2

高島は、いま都議会本会議で質問する原稿書きに追われています。実は、原稿そのものはおおむね書きあがっているのですが、質問をしてみたいことが山ほどあり、限られた質問時間(13分間)に収めるよう内容を詰めていくのかが難しい作業です。ちなみに原稿用紙1枚(20文字×17行)を1分で読み上げるのが目安です。
本会議場の壇上に立つと、どの議員も早口になってしまいますので、ゆっくりわかりやすく話をするため、これから読み上げの練習もしなければなりません。質問日まであとわずか。事務所では、カラオケならぬ「カラシツ」の日々が続きます。
事務局:渡邊

江戸消防記念会・副組頭就任おめでとうございます

1月30日(木) 昨日29日、西新井大師門前にて、私が区議立候補前から20年来お付き合いをさせて頂いている、平田照男さんの「江戸消防記念会・第11区二番組・副組頭就任披露の会」が催され、出席させて頂きました。平成元年には小頭就任のお祝いの会もあり、出席させて頂いた事を思い出します。
平田さんには、高島なおき後援会・心輪会の会長も務めていただいております。これから公私共にますますお忙しくなっていくとは思いますが、江戸消防継承の為にご尽力頂きたいと思います。おめでとうございました。

間伐材を使ったガードフェンス設置について

2月6日(木) 東京都建設局は、千代田区一番町のイギリス大使館前において、試行的に間伐材のガードフェンスを設置しています。これは、人工的で冷ややかと感じがちな歩行者空間を「潤い」と「ぬくもり」を感じる空間へと転換する目的で設置されましたが、これらの木製ガードフェンスなどを評価・検討するため、学識経験者を含めた委員会が設置され、望ましい歩行空間を都民と共に創っていくことを目指しています。東京都のホームページなどで皆さんのご意見を伺っています。どしどし投稿してみてはいかがでしょうか。
間伐:山林手入れの方法の1つで、立木密度を疎にし、発育を助ける為、材木の一部を伐採すること。(広辞苑より) 15年度には、足立区でも間伐材を使用したガードフェンスの設置を考えています。
※リンク:東京都建設局・間伐材をガードフェンスなどに使います

都立高・推薦入試、学区撤廃で応募者増

2月4日(火) 都立高校の推薦入試の願書受け付けが28日に締め切られ、本日合格発表がありました。
東京都教育庁によると、全日制の応募倍率は昨年を0.66ポイント上回る3.42倍で、都立高で推薦入試が始まった1982年以降最高となりました。これは、「学区の撤廃や、受験生が書く『自己PRカード』を合否判定に導入したことなどが応募者増につながった」のではと考えられます。
推薦入試を実施する全日制180校の募集人員10,010人に対し、最終応募者は34,226人で、昨年の28,270人より約6000人増えました。
コース制、単位制を除く普通科全体の倍率は4.05倍(男子3.37倍、女子4.80倍)で、昨年を0.89ポイント上回りました。最も倍率が高かったのは、男子が国立高校の9.44倍、女子が向丘高校の12.32倍でした。旧学区外からの応募割合が最も高かったのは、男女とも日比谷高校で、男子の75.9%、女子の74.3%を占めました。一方、水元高校の男子、小石川工業高校の建設科など、7校10科で定員割れとなりました。
2月20日には一般入試があります。受験生のみなさんには、風邪などひかないように頑張って欲しいですね。 「サクラ サク!」を待っています!
※リンク:東京都教育委員会

新しいタイプの学校運営 足立区立五反野小学校

2月5日(水) 新たな学校づくりのために保護者や地域の方達が学校運営に意見や要望を提案し、参画するしくみづくりを進めるチャレンジの『新しいタイプの学校運営の在り方に関する実践研究校』のモデル校に、全国で7自治体、9校の内の1校に足立区の五反野小学校が指定されました。平成14年10月から3年間、文部科学省の目指す教育改革の一環として、新たな学校づくり・子供達の教育を積極的に進めていきます。
五反野小学校では、全国初の試みとして『学校理事会』を設置し(大神田賢次委員長を筆頭に保護者代表として、PTA会長・副会長・会計の3名が選ばれました。)校長先生の公募・学校裁量権の拡大・柔軟なカリキュラムの編成を検討していきます。これによって、教育目標や指導の重点、授業時間等の教育課程の内容に対して、地域からの提案・要望を反映し、その評価を通して適宜柔軟な学校経営が出来るようになります。また、予算に関して拡大された裁量権に基づき、地域の意向を反映した予算編成・執行が可能になるというメリットがあります。今後学校・家庭(保護者)・地域が三位一体となり、それぞれの立場で、本来担うべき役割・責任を捉え、直しつつ教育目標を達成するために取り組んでいきたいと考えています。皆様のご協力とご理解をお願いいたします。
※リンク:足立区教育委員会
※リンク:文部科学省・新しいタイプの学校運営の在り方に関する実践研究校について
※リンク:asahi.com・開かれた学校づくり 住民と議論、苦言も

文化センター名称決定「シアター1010」 足立区を文化の街に

現在、北千住駅西口に建設中の再開発ビル内に「足立区総合文化センター」が設置されますが、この度、その名称が『シアター1010(いちまる いちまる)』と決定され、28日区役所内で発表されました。
シアター1010は、700席の劇場やギャラリー、アトリエなどが併設されます。名称については、足立区が公募し、77点の中から、「千住(せんじゅ)」を「1010(せんじゅう)」とシャレている、花畑在住の二瓶美恵子さんの案が選ばれました。
名称発表の記者会見には、シアターの芸術監督と舞台美術家の朝倉摂さんと、ゼネラルプロデューサーとなる脚本家の市川森一さん、名称選考委員を務めた竹下景子さんも出席しました。朝倉さんは「区民が参加出演しプロが演出する劇を作りたい」、市川さんは「区外からも多くのお客さんをとりこみ足立区から演劇文化を発信したい」、竹下さんは「私もこの舞台に出演したい」とそれぞれ意欲を語ってくれました。
足立区を文化発信の街へ。みなさんも是非参加してみてはいかがですか?
※リンク:足立よみうり新聞・(仮称)足立区総合文化センターは「シアター1010」に
※リンク:足立区・区長からのメッセージ(2002.02.07)

“踏切すいすい事業”完成第1号!

2月7日(金) 東京都は、都市機能を著しく阻害している踏切渋滞を、短期間に緩和・解消しようという『踏切すいすい事業』の完成第1号として、調布駅付近の踏切渋滞を今年3月末に解消します。
ここは、ピーク時には1時間に34分間も遮断されているという鴨川街道と京王線とが交差する踏切で、渋滞による大気汚染や騒音が近隣の住民を困らせていました。そこで、京王線の連続立体交差が完成するまでの間、緊急的に仮設道路橋を設置する事にしました。
この“踏切すいすい事業”の特徴として、創意工夫の成果が随所に見られます。例えば、工期の短縮→当初4年かかると考えられていたものが、2年に短縮されました。これは、直接基礎で杭打ちを省略したり、橋脚と桁の1本化により現場作業を短縮したりするものです。また、材料の選定にも工夫があり、市場調達できる既製品や規格品のみが使用されているところです。これによって、仮設道路橋撤去後、材料の転用が可能になります。
私は、北千住にある大踏切、竹の塚にある開かずの踏切の渋滞解消・連続立体交差を早急に強く求めていきたいと考えています。

« 1 540 541 542 546 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.