東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。

活動報告

  • HOME »
  • 活動報告

いよいよ大詰め 東京都知事選 明日投票

4月12日(土) 今回の都知事選に立候補したのは、過去最低の5人です。1200万東京都民のリーダーを決定する大事な選挙です。
4年前、自民党は明石元国連大使を擁立し戦いましたが結果は石原慎太郎知事の圧勝でした。それから4年間、当初は議会ともギクシャクしていましたが、共に東京都政が発展し、都民の幸福を求めることでは一致しており、共同体制で歩むことができました。今考えることは、石原知事でしか出来ないことが多数あるということです。ある場面では、議会が後押しをし、又、ある場面では、ブレーキ役を務める必要があります。
「首都の顔」を選ぶ大事な選挙です。
都知事選挙は、有権者の皆さんが都政に参加する貴重なチャンスです。明日は必ず投票所に足を運んでください。 

最終最後まで頑張ろう! 統一地方選挙後半戦

4月11日(金) 昨日、本日と2日間かけて足立区そして都内同士の選挙事務所に「必勝ビラ」を届けに行きました。区長、区議選は足立区では5月11日告示ですが、他区では今月の20日告示で、残すところあと1週間です。区長選には、北区では花川よそうた先生が、世田谷区では熊本哲之先生が立候補します。又、現職区長としては、豊島区の高野先生、共に都議会自民党の先輩都議であり、必勝を祈らずにはいられません。
さらに私が区議会議員の時代から親しくしていた、台東区の田中先生、中央区の高橋先生、千代田区の満処先生等々、皆さん元気に選挙の準備をなさっていました。ベテラン議員とは言え、やはり選挙は緊張と不安、そして力の入るものです。私も少しでもお手伝いをとの思いで、各区の知人、友人を調べている所です。
皆さんも是非、応援をしてください。
※リンク:台東区議会議員・田中のぶひろホームページ
※リンク:中央区議会議員・高橋しんじホームページ

東京都知事選も後わずか

4月9日(水) 午後2時より自民党各種団体協議会主催による「石原慎太郎東京都知事決起大会」が開催され2000人以上の参加を頂き盛会に行われました。その後、選挙期間中初めての選挙カーによる街頭演説が行われました。午後4時半から綾瀬駅頭において、6時半からは北千住駅頭において行われました。ともに多くの区民の方がご参集たまわり盛会のうちに終了いたしました。ほっとひと安心しました。特に他の街頭演説では行われなかった区長(鈴木恒年)も挨拶していただき、多くの効果が期待できます。残すところは13日の投票日に一人でも多くの方に投票場に足を運んでいただき、間違いのない名前を書いていただくことが、願いです。更なるご支援を心からお願いをいたします。
(写真:訴える高島!綾瀬駅前)

ピカピカの一年生!(2)

4月8日(火) 今日は中学校の入学式。昨日とは違い天気が悪いです。今年の区内中学校入学者数は4528人です。若き精鋭達は義務教育の3年間をこれから過ごすわけですが、私は地元の足立区立第16中学校に行きました。ここは、他の中学校とは違い、昨年から週休2日制になったため授業時間を有効に使いたいと、午前中は在校生の授業を行い午後に入学式を行いました。23校の小学校から144名の新入生を向かえ各学年4クラス391名でスタートします。
なお、2年後は足立区立第2中学校と統合し足立区立桜堤中学校として開校します。

ピカピカの一年生!

4月7日(月) 晴天の中、足立区内の小学校の入学式が行われました。私は、地元の千寿本町小学校に行きました。今年度の新入生は109名3クラスとのこと。昨年、足立区では学区域が撤廃になり区内の小・中学校でしたら自由選択制で好きな学校を選べるようになりました。その分、学校・PTAはもとより、地域は自分たちの学校、地域の学校として育てる責任も出てきました。千寿本町小学校は今年度の130名以上の申し込みがあり、抽選をしたそうです。坂本PTA会長のお祝いの言葉が印象的でした。「本校に希望者が多いことは嬉しいですがそれ以上に学校・PTA・地域が一体となって子供たちために頑張りたい…」と。まさに、新たな学校づくりがスタートしました。
新入生の更なる、ご発展を心よりお祈り申し上げます。

快晴!お花見日より

4月6日(日) 昨日の雨とは違い好天、朝6時30分起床スタートしました。延期になったお花見も開催され、てんてこ舞いです。折角ご案内を頂いた、「第一回葛西用水大谷田桜祭り」に遅刻してしまいました。ご挨拶の時間を取って、待っていたとの事ゴメンナサイ。
しかし、「桜」は日本人が一番好きな花ですね。どこのお花見会場に行っても人、人です。皆さん楽しそうな顔をしていました。地域の活性化に貢献をしています。ぜひ足立区内に桜の名所を作りたいですね。
→おまけの話
先週5日に足立区へ、金融担当・経済財政政策担当国務大臣・竹中平蔵氏、大阪大学大学院経済学研究科教授・本間正明氏の各先生が視察に見えました。内容は、足立区が全国に先駆け平成15年度よりはじめた「総括予算」についてです。財政担当者が一つひとつ、事業の予算をチェックし決定するのではなく、各部に総額予算をわたし各部の責任により執行していくというものです。その分、議会の理解、各部の責任、執行後の行政評価が問われます。鈴木区政も4年間、多くの実績を残しました。

FAXで119番通報

4月10日(木) 以前にもご紹介しましたが、聴覚障害者の為の緊急通報手段にFAXによる通報を受け付けていました。しかし、緊急通報用のFAX番号を入手するには、事前に個人情報(住所・氏名・生年月日・血液型・障害の種別等)の登録を必要としていましたので、都内の聴覚障害者の7%弱の登録しかありませんでした。また、緊急通報用の番号は、119番でなかった為に、緊急事態が発生した場合に番号を失念してしまったり、間違えたりして通報出来なかったケースもありました。そこで、4月より登録制度を廃止し、誰でも119番でFAXによる通報が可能になりました。これは全国で初の試みです。障害者だけでなく、一人暮らしのお年寄りが喉に何かを詰まらせてしまったり、健常者でも声帯などの急病時にこのサービスが活用できます。

都議補欠選が告示されました

4月5日(土) 昨夜からの雨でサクラが散るのではと心配です。
石原慎太郎東京都知事の事務所に行ってきました。政党の推薦がないせいか、内部も閑散としていました。私たちが、何時も経験している選挙事務所とは、雰囲気がだいぶ違います。今風の選挙かもしれません。
昨日から、東京都議会議員補欠選挙が文京区、大田区で告示されました。
文京区(定数2)は、民主党の都議会議員が公職選挙法違反で有罪判決が確定し当選無効になったことにともなう補選です。ここでは自民党の現職が頑張っており、補選は残る1議席を、共産党1名、無所属2名の計3候補での戦いとなります。候補者のなかに、現職国会議員の息子が立候補しています。自民党から民主党、そして前回の衆議院選挙で自民党の比例で当選した方の息子です。自民党に所属していながら無所属で子供を立候補させるのは、いささか問題があるのではと思います。2年後は、通常の都議選が行なわれますから、定数2の選挙区で、現職の自民党都議と今回の当選者が争います。このような有権者に理解しにくい選挙は、「政党離れ」が進み有権者をますます選挙から遠ざけていくような気がしてなりません。残念に思います。
大田区(定数8)では、現職都議の急逝により補選が行なわれ、1議席を4人の候補者で争われます。

都知事選も中盤です。

4月4日(金) 3月27日からスタートした東京都知事選も中盤に突入。イラク戦争の関係か、無風選挙からか、マスコミにもあまり掲載されず投票率が心配です。私も、会合に出るたびに投票所に足を運んでくださいとお願いしています。その後に行われる地方統一選挙も心配です。首都東京のリーダーを選ぶ大事な選挙です。皆さんも是非投票所に足を運んで下さい。

汐留地区の街づくり

4月1日(火) 昨日は、汐留地区で東京都と「汐留地区街づくり協議会」が協働して土地区画整理事業によるまちづくりを進めており、新しい街にふさわしい国内最大級の「地下歩行者道」開通の式典に出席してきました。
又、当地区は古くは鉄道発祥の地として名を馳せ、現在は新たな街としてスタートしました。昨年は、大江戸線汐留駅の開業をはじめ、電通、四季劇場、日本テレビ、商業、オフィス棟、ホテル等々、60,000人の就業者を抱える都市に変貌しました。無論、都市再生を進めるなか新たな街づくりが行われる事はすばらしいの一言に尽きますが、《都心再生》ではなく、東京全体を含む【都市再生】であってほしいと望みます。
その後、東京電力の古越氏のご協力により汐留地区の「地域冷暖房」の視察に行きました。供給区域面積は約、9.4ha、熱源を電気・ガスとし、『省エネルギー』、『環境保全』を追及した施設です。過去には、電気あるいは、ガスの単独熱源での供給でしたが、現在では、両者の特性を生かした併用型が多いとの事です。大変興味深く見学をさせていただき参考になりました。ありがとうございました。
→おまけの話
本日の私の訪問は、地域冷暖房の視察で「汐留アーバンエネルギー株式会社」を訪ねた1,000人目にあたるそうです。やはり、新しい施設は視察の方が多いとの事。但し、記念品は頂けませんでした。 😥

« 1 505 506 507 517 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.