12月2日(金) 午前中の仕事が終わりました。

お一人のお客様は大学時代の親友のご子息です。

大学時代の友人の一人が同窓生と結婚をしました。

その後、幸せな家庭生活を送っていましたが、残念な事に30数年前に重い病気を患いご逝去されました。高島もお通夜にお伺いをした事があります。

そして、父親一人で幼い子供たちを育てました。

ご縁があり再婚をされましたが、この度、亡き奥様のご法事を行うことになり当時の思い出話があればと息子さんが訪ねてこられたのです。

薄れた記憶を思い出しながらお話をしましたが、同時に当時のお写真をお持ちになりました。

当時の思い出が蘇り、思わず親友に電話をしてしまいました。

その際、自分自身のことよりも最近の報道での高島の身体を気遣う言葉を話され、そんな友人思いの人柄に心休まる一時でした。

再会を約束して電話を切りましたが、会える日が楽しみです。

その後は、都庁へ。

外部のお客様、局との打ち合わせです。

知事の記者会見も騒がれています。

夕方からは忘年会、会合と師走の忙しさです。