東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 東京都政

東京都政

東京都議会警察消防委員会。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

6月8日(月) 午前中は都議会自民党役員会・総会です。
総会では鈴木幹事長からは10日最終日を迎える東京都議会の事務連絡がありました。
その後、高島からは東京都知事選についての経過報告、東京都議会補欠選挙については4選挙区の担当者から経過報告がありました。
何点か質問がありましたが終了しました。
午後からは東京都議会警察消防委員会が開催されました。
その後、控室での打ち合わせ、自民党東京都連での打ち合わせが続きます。
都議会本会議が終了すれば選挙モードに突入です。

 

 

 

 

 

都庁で仕事です。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

6月5日(金) 朝一番で都庁へ。
来週の10日には都議会本会議最終日を迎えます。
知事にとっては選挙前最後の本会議です。本人は今だ立候補声明は行っていません。
マスコミ報道では本会議終了後発言をするようです。知事選に伴う推薦決定は党本部が決定権者です。その意味では自民党都連は決定を聞くのみになります。
とは言え、党本部も現場の意見を大事にしたいと考えており、過去も今後も党本部と都連との会合は増えると思います。
又、7月5日の投開票日には都内4選挙区の都議会議員補欠選挙が行われます。
党本部からは必勝態勢で応援すると言葉をいただいています。
都議会自民党も全力で補欠選挙を応援する決意です。
ご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

感染者。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

6月4日(木) 東京都議会本会議中です。
都議会自民党での各種団体との協議など地元と都議会と忙しいです。
本日も新型コロナ感染者数も28名と増加しています。
先日、社交飲食組合、水商売の方たちの意見交換がありました。銀座、六本木、新宿の店舗の皆さんです。
各店舗の開店へのガイドラインをお持ちになり不足があるならばお指導をしていただきたいとの要請です。
東京都の関係局の方たちにもご出席いただきご理解をいただく努力をさせていただきました。
その意見交換中に皆さんから国、東京都の指導を受け休職中です。しかし、従業員の皆さんは非常に厳しい状況に置かれ苦しんでいます。又、真面目に休職している店舗より指導を無視して開業している店舗が多く、そこからクラスターが発生し感染者増が起こると話していました。
そこでガイドラインのチエックと企業努力をして感染しない、させない店舗には優良マークを貼るなどして差別化する必要があると話さしていただきました。
夕方のニュースを見ていると皆さんがお持ちになったガイドラインを説明する司会者、東京都が近々にステッカーを制作しガイドラインの沿った運営をしている店舗には貼っていくと放送されていました。
ルールを守る企業を応援して、守らない店舗には強い指導が必要です。
新宿の夜の店などの発言では感染者を減らすことはできません。具体的に政策を説明し理解をしていただく事が不可欠です。
多くのお店の方たち、都民に対して丁寧な説明が不可欠です。
その努力が解消に導きます。

 

 

 

 

 

 

一般質問。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

6月3日(水) 東京都議会一般質問。
昨日に引き続き本会議一般質問です。
わが党からは清水こうじ都議(立川市選出)、川松真一郎都議(墨田区選出)の2名が質問しました。
清水都議は新型コロナ感染症の陰に隠れ都政の重要課題について知事並びに理事者に厳しい質問をしていました。
川松都議は、新型コロナ感染症に対して知事の発言である「夜の繁華街」について厳しい質問を展開しました。
あえてこの質問をしたのは過去に知事がカラオケ、クラブが感染クラスターの原因者だと発言をしたことが、関係する事業者総ての皆さんが大きな影響を受け廃業までする事業者も出ました。
現在も優良な事業者は国と都の指導を受け真面目に対応していますが裏で営業する事業者が問題であり発生源の可能性が高いのです。
しかし、言葉の恐ろしさで新宿歌舞伎町のすべての店舗が悪いような発言をした事が大きな営業を損なうことになっています。そこで、川松議員が考え方をただしたのです。
又、お二人に質問では知事の学歴詐称問題について質問をしましたがまともな答弁を得ることができませんでした。更に上田都議が同様の質問をしましたが答弁は言葉で表せない酷いものでした。
私たちは議場は尊いもので正に議会人と理事者の一本勝負、戦いの場でもあります。
そのお互いの関係は交わる事はなく一定の距離を保ちながらの真剣勝負での場です。心無い答弁を聞けば聞くほどむなしくなります。

 

 

 

 

 

日曜日。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月31日(日) 本日の新型コロナウイルス感染者は5名でした。
連日、2桁の感染者でしたが1桁になりました。
西村大臣は東京都に対して現段階では再び緊急事態宣言を出す予定はないとコメントしました。
報道では6月1日からのステップ2への移行、各業種業態の営業の準備、百貨店のオープンなど徐々に街が活動をしてきました。
但し、一人一人が十二分に気を付けて生活をしなければなりません。
そのことを意識して頑張りたいです。

 

 

 

 

 

土曜日。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月30日(土) 昨日、HPにも書きましたが今日明日の人の混雑が気になります。報道でも自粛期間とは違い徐々にですが人との接触率も高いようです。
東京都の発表では新感染者数は14名と示されました。
モニタリング指標をみると新規陽性者は20名以下の13.4人です。新規陽性者数の感染経路不明は50%以下でなければならないのに53.2%です。週単位の陽性者増加率は1以下ですが2.29の数値が示されました。
その他、重症者数、入院患者数などは表をご覧ください。
基本的に東京アラートを鳴らし、レインボーブリッジの赤色のライトアップを行う指数になっていますが知事は医療施設の病床の確保など総合的に考え6月1日にはステップ2への移行を決めています。
都民の声は都民ファーストでは無いなど知事に対して批判の声が出ています。
世論に負けて自粛規制を三度行うのか、7月の選挙を意識して放置するのか政治の力が試されています。科学的根拠を示しながら実行しないとの批判には理解できます。何故なら、東京都が示した指数にもかかわらず結果を出さない態度は都民に不信感を増幅させる姿になっています。
私たちは自分自身で責任を持ち感染しない、感染させない強い決意が必要です。

 

 

 

 

 

ステップ2へ。

 

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月29日(金) 区内の支持者の方たちから問い合わせがあります。
当初、2週間の時間をおいてステップ2へ移行、同様に2週間おいてステップ3へ移行すると話されていました。
しかし、今回は1週間の時間経過で解除の予定です。
数値が上がれば「アラートを鳴らします」、レインボーブリッジが赤くライトアップされる予定でしたが総合的に判断をして6月1日にステップ2に移行します。
ゆっくりと時間をかけながら日常生活に向かっていきたいと願っています。
報道ベースでは第2波の危機感を心配しています。
新型コロナ感染症に対抗するワクチンの研究が急がれます。
明日、明後日の土日の人混みが心配です。

 

 

 

 

 

東京都議会本会議です。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月27日(水) 東京都議会令和2年本会議がスタートしました。
本日は知事の所信表明などが行われました。
ソーシャルディスタンスが行われ議長の開会宣言が行われると一部議員が議場を退席し各会派控室で傍聴しました。
本会議開会前には同志の野島善治前都議会議員ご夫妻がお見えになりました。
永年の地方自治貢献に対して旭日中綬章をいただくことになりました。
本来でしたら宮中に参内し天皇陛下からお言葉をいただくのですが残念な事に新型コロナ感染症の関係で都議会にて局長から拝受されました。
総会中に野島ご夫妻がお見えになりご挨拶をされました

本会議終了後は、オリンピックパラリンピック推進対策特別委員会が開催されました。

その後も、各種団体からの要望ヒアリングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連日、各団体の声をお聞きしています。

 

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月26日(火) 明日からの東京都議会本会議を前に都庁で仕事です。
お昼には大越東京都歯科医師連盟会長がお越しになり都議会自民党役員との意見交換会です。
特に新型コロナの感染状況を鑑み患者さんの減少など課題は多岐にわたり現場の声を率直にお聞きする事が出来ました。
夕方からは東京都医師会、東京都福祉保健関係理事、自民党を含む国会議員と都議会議員代表者の意見交換会がオンラインで行われました。
高島も事務所で画面を見る事は出来ましたが音声が聞こえず断念をしました。
多くの機会に関係者の皆さんの声をお聞かせいただく事は都政の繁栄はもとより新型コロナ感染症の第2波に向けての準備を含め実りある会合ではなかったかと思います。

 

 

 

 

 

常任委員会。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月25日(月) 午前中の仕事が終わり都庁へ。
東京都議会警察消防委員会です。
終了後は、各局との打ち合わせです。
緊急事態宣言が解除され少しずつですが街に活気が出てほしいと願っています。
無論、第2波、第3波は充分に気を付け新たな生活様式で日々を過ごさなければなりません。
新型コロナ感染症は私たちの隣に存在しています。絶滅をしたわけではありません。
これからは常に隣にコロナウイルスが存在していると認識して生活を営なまなければなりません。
必ずワクチンが完成して安心の日々を迎えることができます。
それまで皆さんと一緒に頑張りたいです。

 

 

 

 

 

« 1 2 3 124 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.