東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 東京都政

東京都政

頑張っています。

《外出から帰宅をしたら手洗いとうがいを忘れずに。》
《感染しない感染させない、皆さんで気を付けましょう。》

4月6日(月) 午前中のお客様対応が終わり都議会へ。
打ち合わせに続く打ち合わせです。
今後のコロナ対策、今後の都政運営など課題は多いです。
午後からは都議会ではコロナ対策の会合です。わが党から出席をした鈴木幹事長からは知事も出席をして「東京都緊急事態措置(案)について」、医療提供体制の強化等にかかる補正予算について(282億円)については4月7日に専決処分を行い、経済対策や補償関連などについては早急に編成する旨の報告がなされました。
詳細は今夜の知事記者会見で発表するようです。
その経過報告を受け急ぎ執行部での対策を協議しました。
とくに補正予算については遅く説明があり、会派内も含め関係資料の共有化を図りました。
特に今夜の記者会見、明日の総理の記者会見それに伴い「緊急事態宣言」、経済対策など報告されるようです。
8日の深夜零時から発出、執行されます。

東京がどう変化するかは想像できません。今後の推移を見ながら対応したいです。特に自粛と休業補償など問題は山積です。都民の目線で頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要請活動。

 

《外から帰宅したら必ずうがいと手洗いを実行しましょう。》

4月3日(金) 午前中の仕事が終わり自民党本部へ。
新型コロナウイルスの猛威により自粛要請が叫ばれ実行されています。
国難といえるコロナウイルス、東京オリンピックパラリンピック開催延期など東京を取り巻く環境は決して良いとは言えません。
先般の記者会見で夜のクラスター発言があり社交飲食業、生活衛生同業組合など全国、東京都の関連業界の皆さんは大打撃を受け経営困難に陥る危険が出てきました。
業界の皆様が自民党東京都連、都議会自民党へ緊急要望を出されました。
それを受け本日、自民党政調会長 岸田文雄先生、前田中小企業庁長官へ要請活動を行いました。
現在、東京都は大きな危機に面しています。都民、国民の皆様、おひとり、お一人が強い認識を持ち感染しない、感染させない、決意で頑張りましょう。
以下要請文、要請活動をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年度がスタートしました。

新年度がスタートしました。
東京都は入都式を行いました。残念な事にコロナの関係で全員が集合することなくデスク上でオンラインによる挨拶を聴くなどでして終了をしました。
関連して、令和2年度「東京都職員Ⅰ類B採用試験(一般式・新方式)及び東京都職員Ⅰ類A採用試験」の延期が発表されました。
今後の対応は未定です。
又、都議会自民党は先般行われた東京都議会令和2年度本会議において3年ぶりに予算案を賛成した経緯などについて前回の都議選で惜敗、捲土重来を期す先生方にお集まりをいただき説明会を行いました。
更に都議会自民党は第11回目になる新型コロナウイルに関する要望を知事に提出しました。
これら記載した案件についてはアップさせていただきますのでご覧ください。

 

 

 

 

 

今日も頑張っています。

3月30日(月) 朝から自民党東京都連です。
4月に施行される目黒区長選は、現職区長 青木英二氏を自民党は推薦を決定しました。それに伴い目黒自民党総支部長、自民党区議団の方たちと選挙戦の打ち合わせです。しっかりと応援する事で決まりました。
その後、自民党東京都連緊急国会議員会議が開催されました。
高島は都連幹事長として出席をしました。井上政調会長の進行で鴨下会長が挨拶をしました。内容は都議会の本会議において自民党が過去2年間予算を反対していたにもかかわらず賛成をした。ただし都知事選は別の問題です。議会活動と政治は別問題です。都知事選については都議会の声を聴きながらこれから決めていきたいと話しました。
更に各先生方からご質問、ご意見が行われ私もお答えをさせていただきました。
更に新型コロナウイルス対策も報告、意見聴取をさせていただき終了をしました。
その後は都庁へ。引き続き2020東京オリンピックパラリンピック組織委員会理事会へ。
急遽の開催延期に対して森会長からは丁寧なご説明がありました。又、今後は各課題についての説明、質疑が行われ終了しました。
自民党東京都連での打ち合わせが終わり地元へ。
夜のニュースで、東京オリンピックパラリンピックは来年7月23日開会式を迎える事、パラリンピックは8月24日開会式を行う事が報道されました。
ピンチの後にチャンスあり、何が起きたかではなくどう対処するかが私の信条のひとつです。
振り返るのではなくあと1年延びた事により更に世界に誇れる東京オリンピックパラリンピック開催に向け充実した時間を過ごせると思います。
皆さんで、頑張りましょう。

自粛要請。


3月29日(日) 桜満開の時期に雪です。
前日の天気予報は雪でしたが、まさかと思いましたが、3月末に雪が降りました。
自粛要請の日曜日です。何か神様が外出しないように雪を降らしたのかと思います。事務所スタッフもお休みです。
高島は事務所で書類の整理などこまごました仕事をしています。
偶然、テレビでは森会長が出演している番組を見ることができました。個人的な感想ですが司会者、コメンテーターの方たちの質問は、何か上げ足をとりたい、問題発言をさせたい意志を強く感じました。
例えば、自粛要請についての質問、東京五輪の延期についてもそう感じましたが、毅然とした態度でご返事をする会長に尊敬のまなざしで拝見していました。
大病を患い余命いくばくもないと言われながらも医学の進歩で元気になり、大会成功に向けて努力している姿を見て多くの方たちは感激をしています。
何かあれば、実態を知らない人たちが非難をする姿を見ている高島は残念の一言です。
2020東京オリンピックパラリンピック成功に向け新たな決意で頑張ります。

都議会自民党役員会総会。

3月19日(木) 午前中の仕事が終わり都庁へ。
都議会自民党役員会、総会です。
各、常任・特別委員会の経過報告がなされました。特に予算特別委員会の質疑内容は細かく報告され意見交換がなされました。
来週には予算に対する態度表明が求められます。各議員の意見が不可欠です。
又、与党2会派から提出された条例案についても報告され高島も意見を述べさせていただきました。2020東京オリンピックパラリンピック組織委員会に対し領収書等の書類を確保するとの条例案です。
高島からすればすでにIOCとの契約で多くの書類等が残すことになっています。その為に、組織委員会をはじめ、東京都を含め関係機関が集まり進めていきます。正に屋上に屋を重ねる考え方です。又、報道機関に渡された条例案資料には「恣意的破棄処分」と、文字が書かれ上に見るように赤字で×が書かれています。
開催都市は東京都です。その責任者は都知事です。更に知事は組織委員会と連携をとり成功に導くと発言をしています。
いくら議会の提案条例とは言え政党の顧問です。と、祝電にも書かれている状況の中で東京都、組織委員会との信頼関係を削ぐ条例案であり知事の対応が問われていました。しかし、与党の話では理解をしているとのことらしいです。
この条例案を反対すれば情報開示に反対の自民党として話されるでしょう。
残念です。悔しいです。執行部に一任です。
その後も会議が続き夕方からは自民党東京都連へ。
用事が住んで都議会へ。夜の6時過ぎですが、予特でのヤジ発言(朝日新聞に掲載)について理事会が行われており同志の先生方もいるので顔を出して地元です。

頑張っています。

3月18日(水) 朝一番で自民党東京都連へ。
来月に行われる目黒区長選については、自民党は現職の青木英二区長をご推薦させていただきました。
その関係で地元の若宮国会議員、目黒自民党総支部長をはじめ役員、目黒自民党区議団幹事長との打ち合わせです。
4月12日告示でありわが党は各団体の協力をいただき自民党一丸となりご支援をさせていただきます。
引き続き都庁での会合です。
来週3月27日に最終日を迎える東京都議会第1回定例会です。
鈴木幹事長など関係者などと打ち合わせです。
終了後は、晴海にあるトリトンへ。
2020東京オリンピックパラリンピック組織委員会へ。本来ならばギリシャへ聖火の灯をとりに行くよ予定でしたが新型コロナウイルスの関係でチャーター便と少数の関係者しか行かなくなりました。
その関係もありお伺いし意見交換をしました。

東京都議会。

3月16日(月) 午前中の仕事が終わり都庁へ。
東京都議会警察消防委員会です。質疑が終わり外部からの客様との打ち合わせです。
その後は、地元の会合です。

東京都議会予算特別委員会。

3月12日(木) 東京都議会予算特別委員会です。
わが党からは川松真一朗先生、田村利光先生の2名が質問に立ちました。新型コロナウイルスについて、中国への防護服提供について、知事の学歴詐称についてなどでした。
田村先生は三多摩選出の関係で川松先生の質問の答弁漏れの質疑や三多摩についての課題に鋭く質問をしていました。
どなたとは言いませんが、ヤジがひどかったです。以前は質疑の内容や東京都の考え方を理解してヤジを飛ばしていましたが、近ごろは下品なヤジが多すぎます。
是非、知事の見解を聞きたいです。

予算特別委員会。

3月9日(月) 私たちの先輩である日野市選出の東京都議会議員古賀俊昭先生が3月9日急逝されました。ここに謹んで哀悼の意を表します。
本会議中でもあり連日、古賀先生とはお会いしていました。お話をさせていただいていました。残念でなりません。
後日、お別れ会を開催する予定です。
東京都議会予算特別委員会では本格的な論戦がスタートしました。
わが党からは政調会長の小宮あんり(杉並区選出)先生が147分間知事をはじめ、副知事、理事者に鋭い質問を展開しました。
ある場面では局長の答弁が明確ではありませんでしたが、女性の優しさでスルーしたり、知事が顔色を変える場面があったりと、素晴らしい質疑でした。昨年の第4回定例会の代表質問と同様に力をつけてきたな、そんな頼もしい一面を見ることができました。
これから同志都議が引き続き予算特別委員会で質疑が行われます。
新型コロナウイルスの関係で外部からの傍聴者はご遠慮いただくことになりました。一日も早い終息を願うばかりです。

1 2 3 120 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.