東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。
活動報告
  • HOME »
  • 活動報告 »
  • 東京都政

東京都政

特別委員会。

5月24日(木) 足立区肢体不自由児者父母の会総会が開催されました。

お聞きをしますと来年60週年を向かえその準備と本年度の事業報告と積極的な活動を行っています。

しかし、父母の会も高齢化は歪めない事実としてご苦労も多く行政、地域、議会の協力は不可欠です。

障害を持った方も健常者も笑顔で生活できる街の建設が目標です。

通所施設の建設など課題も多いです。

その後は、都議会自民党総会です。

新たな知事が誕生して2年間、過去の歴代知事が行っている自民党東京都連所属国会議員の先生方に対しての国への予算要望会は知事の意向で開催しませんでした。

しかし、今年は開催したいと依頼があり都議会自民党総会で各議員の意見集約を行いましたが結論は見いだせませんでした。

又、同時に党税制調査会による東京都税についての組織を結成する件についても意見集約が行われましたが幹事長一任となりました。

都知事選に際しては自民党東京都連をブラックボックスと批判を繰り返していました。髙島からすれば知事本人も自民党東京都連副会長として責任のある立場でいながら一言も発言をせず、選挙に立候補するやいなや自分自身が長らく所属した組織を批判する事じたい天につばを吐くことです。

目的達成のためには信頼も信用を投げ捨てる姿は驚きよりも恐ろしい姿です。

間違いなく髙島には出来ない行動です。

その後は、東京都議会オリパラ特別委員会です。

午後7時近くまで行われました。残念な事に多くの総会を欠席させて頂きました。申し訳ありませんでした。

終了後、地元町会の総会、足立区麺類連合会総会と伺わせて頂きました。

 

 

 

 

各種女性団体連合会。

5月23日(水) 自民党東京都連では各種女性団体連合会の会合が行われました。

木村会長のもと女性パワーを発揮して活躍をしています。本日は、平沢勝栄衆議院議員お講演が行われ笑いと共に国会の動向が語られました。

その後の来賓ご挨拶で髙島が日頃の感謝と今後のご支援をお願いしました。

しかし、一言、言えば平沢先生の講演の後のご挨拶はやりにくいです。巧みなお話で、ユーモアーを交えての内容は説得力もあり私はただただ感謝の気持ちをお伝えしました。

その後は、都庁へ。局との打ち合わせ全日本ろうあ連盟の皆さんとの打ち合わせです。課題は多数ありますが前進あるのみです。

東京都認証保育所協会総会、懇親会です。

東京都からも講演が行われるなど会長を中心皆さん積極的に頑張っています。

石原都知事時代に東京都の独自の待機児解消で始まった制度です。国の政策では補助金も出ていません。高木けい衆議院議員も駆けつけ決意を披露していました。

祝賀会。

5月22日(火) 午前中は地元の仕事です。

東京都美容生活衛生同業組合、東京認定美容師会会長の鈴木則子先生がこの度卓越した技能者「現代の名工」の受賞を受けられ祝賀会が行われました。

日本の文化と伝統を継承し和装の装い、着付けの先生として全国を廻りご活躍をされています。

髙島からすれば遅しに期した受賞と言えると思います。

今後もご健康に充分気を付けて頂き活躍を期待します。2年後の東京五輪の開催に際して多くの観光客がお見えになります。

皆さん日本文化に触れる大事な機会です。是非、和装のチャンスを皆さんと作っていきたいです。

おめでとうございます。

 

 

 

 

水防訓練。

5月19日(土) 足立区・消防庁第六方面消防本部合同の水防訓練が荒川河川敷で行われました。

地元三消防署、足立区、三消防団をはじめ多くの異関係団体が参加をしています。

海難事故救助、道路トンネル内の水難車両の救助、土のう作りなど多くの団体が精力的に活動をしています。

近頃、全国的に自身も発生し、災害は忘れた頃にやって来る。

その思いで日頃の訓練が不可欠です。

その後も、第六中学校運動会を始め地元の会合の連続です。

 

 

 

 

 

 

 

 

都議会自民党政策推進本部勉強会。

5月18日(金) 本日も昨日に続き政策推進本部の勉強会です。

各局との意見交換も活発です。

各議員からも質問が出て答弁できない案件については後日資料を持ってくるなど実のある勉強会でした。

東京港は昭和16年に開港して77年の年月が経過しました。

記念式典が行われ港湾功労者の方々が表彰されました。その後、懇親会では京浜港広域連携推進議員連盟幹事長としてご挨拶をさせて頂きました。

引き続き全日不動産協会東京都本部総会後の懇親会に出席をしました。

閉会間際に伺うことになってしまいましたが地元関係者の皆さんは散開すること無く高島を待ってくださっていました。

感謝です。

次は東京都メッキ工業組合総代会懇親会、東京都葬祭業協同組合総会後の懇親会、東京都建築士事務所協会足立支部総会語の懇親会にギリギリ間に合い出席をしました。

終了後も地元の会合です。

忙しい一日でした。

頑張っています。

5月15日(火) 午前中には港湾関係の方との意見交換です。

2年後の東京五輪の課題は多数ありますが、その一つに輸送があります。

晴海の選手村からの選手の移動、競技関係者の移動など多くの問題点が議論されています。

東京都はオリンピック・パラリンピック期間中には、10%~15%の交通量を削減する事が求められています。報道では、祭日の海の日、山の日、体育の日の3日間を2020年だけ移動してオリンピック開会式の前日、開会式当日、閉会式翌日の3日間を休日にする法案を検討中です。

又、知事の思いつきから豊洲市場への移転が2年間延びた事により環状2号線の完成が遅れ仮設道路では三分の一の交通量しか見込まれず晴海道路など関連道路の渋滞は想像を絶する事態に追い込まれます。

それら厳しい状況下での五輪の開催は大変な事です。

又、東京五輪と同時に首都圏の日々の生活を守っていかなければなりません。

日本の輸入取扱高が一番なのは東京港です。

湾岸地域では一日のコンテナ車は1万台が通行しています。

ご承知のように湾岸地域では東京五輪の競技が数多く予定されています。

これらの競技に影響を与えず物流も確保して交通渋滞に影響を及ぼさない仕組みを考え出さなければなりません。

多くの関係者と意見交換を行い間違いない選択と決定をしなければなりません。まだまだ、解决しなければならない問題が多いです。

夜には足立区環境衛生協会総会です。阿部会長から若狭新会長に変わりました。

しっかりと連携を取りながら環境衛生に努力をしたいです。

勉強会。

5月14日(月) 午前中の仕事が終わり都庁へ。

前回の都議選で小金井選挙区から立候補し惜敗をした広瀬まきさんは捲土重来を期して頑張っています。

しかし、4年間の時間の経過は長く就職をしながら日々政治活動を行っています。

ご本人が努めているアクセンチュア株式会社の皆さんから国際金融都市に関する勉強会を開催しました。

都議会自民党議員と参与を始め同志が多数参加をして下さいました。講演と質疑と実のある会議でした。

広瀬まきさんありがとうございました。

その後、打ち合わせの連続です。

大田区総合体育館では東京都理容生活衛生同業組合飛田理事長のもと第60回E・toco髪祭り理容競技大会が行われました。

午前中なから大会ですが表彰式に出席をしました。

飛田理事長、東京都、高木けい衆議院議員からもご挨拶があり表彰式では東京都議会議長賞を代理で贈呈をしました。

優勝者は今後関東大会、全国大会と進みます。

その後も会合の連続です。

 

 

 

 

 

 

 

 

特別委員会。

5月7日(月) 午前中の仕事が終わり都議会へ。

オリンピック・パラリンピック推進対策特別委員会が行われました。

ピヨンチャン冬季オリンピックが閉幕し次は東京五輪です。

本日の報告事項には、ラクビーワールドカップ、東京五輪のボランティアについて、持続可能性に配慮した運営計画、2020大会ライブサイトについて、選手村、大会輸送の検討状況などです。

準備もおぼつかない状況、輸送関連についても環状2号線の未完成の厳しい状況、選手村に伴うBRTの状況など、課題は多く不安が募るばかりです。

レガシーと言う言葉は多く使われていますが、本当に東京五輪開催後の東京の発展に寄与出来るレガシーが構築できるかが疑問です。

昨年の第1回定例会の我等の質疑と今年の質疑は、ほぼ同様でした。

違うと言えば豊洲移転が決定したということぐらいです。

それ以外、都政は何も動いていない、進展していないと言えます。

誰が責任を取るのでしょうか。

総て役人の責任として押し付ける都政が正しいのか。取り返しのつかない厳しい状況に追い込まれています。

都議会自民党は正論で都政を質していきます。

忙しいです。

4月17日(火) 午前中から地元で仕事です。

午後は都議会での仕事です。行政の方たちとの打ち合わせ。

入札制度の勉強会、印章組合の皆さんとの意見交換会、リハビリ政策(理学療法士)に関する勉強会と忙しく活動をしています。

又、地元の足立区議会議員吉岡茂後援会のゴルフコンペです。

残念な事に高島は伺えませんでしたので代理出席です。

都議会は騒然としています。

4月16日(月)東京都議会は騒然としています。

今日の朝刊数紙には昨年の都議会経済港湾委員会で都民ファースト所属の樋口たかあき都議が豊洲市場への移転、築地再開発について質問を行いました。

その内容が「ヤラセ質問」との報道がなされました。

この質問については、都知事が記者会見での発言を応援するような質問でした。

都議会自民党はこの質問について疑問を感じ調査を行っていました。

先日、東京都に対して開示請求を行ったところ、「不存在」との返事が来ました。

再度、開示内容を詳細に整理して開示請求を行ったところ、「非開示」の通知が本日届きました。

これにより樋口都議と知事顧問の小島氏とのメールなどのやり取りが存在することが証明されました。

同様にこの質問に疑問を持った報道機関もあり、開示請求を行い「非開示」の通知を届けられていたそうです。

それが発端で今回の報道が行われたようです。

今回の事実は二元代表制を踏みにじる許しがたい行為として断じて許す事が出来ません。

又、知事は情報公開が都政の一丁目一番地と何度も発言をしながら、今回の非開示の通知は発言と行動が伴わない知事としての無責任を露呈しました。

更に平成二九年第二回東京都議会における議決により元東京都副知事浜渦武生氏及び元政策報道室 理事 赤星經昭氏の虚偽の陳述について告発に対する不起訴処分の理由について本日東京地方検察庁から通知がありました。

その内容は嫌疑不十分の旨の告知がありました。

昨年の議決については都議会自民党は告発は出来ないとの観点から反対の対応をさせて頂きました。

その際、わが党の100条特別委員会の桜井委員長も動議を提出され解任をされました。

残念でなりません。

本日、東京都議会は樋口都議の質問問題、開示請求の「非開示」、100条委員会の告発に伴う検察庁の告知、など、あってはならない愚行が明らかになりました。

今後の対応が心配です。

我が党の秋田一郎幹事長の談話を掲載させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 96 »
PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.