東京都議会議員 足立区選出 高島直樹(たかしまなおき)の公式サイトです。

活動報告

  • HOME »
  • 活動報告

緊急事態宣言が延長されました。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月4日(月) 安倍総理は夕方の記者会見において「緊急事態宣言」を全国を対象として継続を発表しました。期間は5月31日までです。
特に東京を含む特定警戒都道府県の13地方自治体は今までと同様の自粛要請が行われることになりました。
又、他の34県では一部規制緩和が行われるようです。
更に今月14日には専門家会議が各自治体のコロナ感染に伴う実態をつぶさに調査をして期間にとらわれず宣言を解消することも発言しました。
新型コロナ感染者の無症状、軽症の患者さんが自宅、ホテルの療養を2週間が経過をして異常がなければ過去に行っていたPCR検査2回を省き退院させる事も決まりました。
少しずつですが変化をしてきました。
しかし、都内の飲食関係者、自主規制対象業種の皆さんは5月6日までの我慢と思い耐えてきましたが、更に1か月延長されることは言葉では表せないほどの打撃です。
「生きるか死ぬかの状況」と言えます。

再々、都議会自民党は東京都に対して対象業種だけではなく他の業種業態にも協力金を支給すべきと訴えてきました。
例えば歯科医師は治療の際にフエスシールドを装着して治療を行っています。患者さんの治療の際に液体が飛び散る危険、又、都内にある各市場は都民の台所として食品の流通を担っています。東京都も営業をお願いしています。しかし、個人消費、スーパーの消費は多いですが一番の供給先の飲食店が自粛要請を受けています。多くの店舗がデリバリーを行うなど自助努力をしていますが限界があります。入り口を開けさせ出口を閉める現状は厳し過ぎます。
先日も地元の足立市場を行きましたが金曜日にも関わらず閑散としており業界の方にお聞きをすると売り上げは20%前後しかなく潰れていくか、閉店するしかないです。と、悲鳴を上げています。

まだまだ、多くの業種で同様の実態があり、このままでは東京が沈没してしまいます。
今こそ、今までの基金を取り崩しても都民のために決断をしなければなりません。都議会自民党は都民の目線で強い要請を行っていきます。
高島事務所もすでにテレワークを行っています。
これから1か月どのような仕事をするのか悩んでいます。スタッフと相談をしながら決めていきたいと考えています。
後ろ向きではなく前を向いて歯をくいしばり頑張りましょう。
新しい生活様式などが発表されています。後日、HP書きます。

自粛中です。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月3日(日) ゴールデンウイーク中です。自粛中です。
流石に数日自宅にいると身体が不調になるようです。
夕方、少しだけ自転車でコンビニに買い物です。
明日、総理は緊急事態宣言を再度、発出します。
自粛規制に伴い多くの業種、業態が大変なご苦労しています。
自粛協力金を再び行うのか、新たな業種にも支援を行うのか問われています。
都議会自民党は知事に対して十数回の要請を行いました。
ごく最近では家賃の補助、自主休業している業界、更に高濃度接触している業界にも支援を行うべきと提言を行いました。
又、政府に対しては同様に菅官房長官、岸田政調会長、中小企業庁、国土交通省など積極的に要請を行っています。都議会では自民党だけが実行できる要請活動です。
この活動は新型コロナ感染が終息しても続けます。東京が日本がさらに発展できる姿まで行う決意です。是非、皆さんのご協力ご支援をお願いします。
自粛疲れが出てきます。しかし、今こそ我慢をしなければなりません。
子供たちが努力しているのに模範にならなければならない大人がなぜ頑張れないのでしょうか。私たちの努力が次の世代に向けて大きな力になります。
自分のためにだけではなく家族や子供たち多くの友人のために頑張りましょう。

土曜日です。時間があるのでいろいろと考えてしまいます。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月2日(土) 自粛中の地元ですが商店街は若干、人の往来が多いようです。
30日から2日まで自宅にいます。家族は最小限の買い物に行った時の商店街の話です。
自粛疲れの言葉、緊急事態宣言の延長など報道機関では言葉が飛び交っています。
高島も朝からテレビの報道ニュースは必ず見るようにしています。
無理な時はビデオ収録で夜に見るようにしています。テレビもはお笑いか再放送です。
何を思いついたか明日から音楽番組(桑田佳祐・竹内まりや・ユーミンなど)をダビングしようと考えています。デッキの録画時間が少量になりました。
又、時間がなかったので夏服、冬服が整理されていません。
某メーカーの整理箱をお願いしていますが、まだ届きません。できれば連休中に整理ができればと考えています。
高島なおき事務所のテレワークは当初5月に6日までと考えていました。
事務所スタッフも多少慣れてきたのか携帯電話、メールで仕事をしています。
後援会の方のところを訪ねる事もあるようですが、相手方に迷惑をかけないように注意をしています。若いスタッフですから動きが早いです。
来週は5月7日に就業時間の9時に集合して今後の相談をしようと思います。
無論、緊急事態宣言が継続になるわけですから事務所も率先してテレワークを行わなければなりません。
娘からはパソコンにつけるカメラ?を借りました。都議会自民党のコロナ対策PTもオンラインで打ち合わせ、会議をしているようです。
総務省も議会のオンライン化を認める通知を出したようです。急げ、と言う方も出てくると思いますが、すでにそれらの備品が品切れ状態です。
先日の萩生田文科大臣への要請の際にも学校のオンライン事業に際して区市町村は設備品が手に入らないから是非、政府は全国の学校のオンライン化に向けて機会をまとめて買い都道府県に配布してほしいと要望しました。
又、9月の新学期開始について知事会は積極的な発言をしています。
誰かは混乱期だから実行すべきと訳の分からない発言をしています。
広域的な発言がないので残念です。
海外への留学だけの議論ではなく社会の問題です。私立の学校関係者の方に早速聞きましたが反対だそうです。
お子様が留学した際にも準備など含め卒業と同時に現地に行かれ住まい、大学での手続き、社会生活への順応など教育面だけでも課題が多いそうです。
それが社会全体に与える影響など考えず発言することは恐ろしいです。
以前から考えていた、要請していたなどと言っていますが私の記憶では議場での発言はなかったと思います。
否定をすることはありません。ただし、時間をかけて社会全体で考える事が不可欠です。
自粛疲れを乗り越えみんなで頑張りましょう。

 

5月です。光陰矢の如し。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

5月1日(金) 五月の声を聴き春から夏への季節を感じます。
ゴールデンウイーク真っただ中、自粛要請で自宅におります。鈴木執行部は都庁に詰めて各局との打ち合わせです。
高島事務所はテレワークを行っています。とは言え、事務所スタッフは週に一度事務所での打ち合わせです。1時間程度で終わりますが秘書さんたちは午前中に依頼のあった書類を後援会の方たちに届けて帰宅しています。
秘書さんたちは携帯電話をフル稼働させ、高島との連絡はラインで連携をとっています。
新型コロナウイルス感染者が100名以上と報告されました。50名以下の報告もあり徐々に感染者が減っているようです。
国の専門家会議から報告がありました。テレビを見る限りですから詳細に書くことはできませんが実行再生数が全国では0.7、東京都は0,5だそうです。
以前は3の数値だったそうですが、今日の発表では東京は0.5と報告され少し安心しました。又、尾身副座長からの報告で感染者数が徐々に減少しているがその減少率が自分たちの予測より緩やかと話していました。
毎回、専門家会議の報告を聞く時間はありませんでしたが、過去において、実行再生数の数値の学者さんが考えていた数位を初めて聞きました。
素人は細かく話されてもなかなか理解できません。一目で理解できる数値を示して頂くと充分に理解できます。
実行再生数は現在○○だから0、○○まで落とさなければならない。だから自粛、人との接触は気を付けるようにと、話してください。と思わず言いたくなります。
情報の共有化が不可欠です。現状が分かれば我慢も努力もします。
是非、皆さん教えてください。
緊急自粛要請が予測したように1か月程度延長されるようです。
マスコミも少しずつ経済対策について報道するようになりました。国は新型コロナウイルスの終息と同時に経済対策の両論で考えています。東京都は新型コロナウイルスの終息の一本やりです。このことが来年の予算編成に禍根を残すようで心配です。

今日も朝から都庁です。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

4月30日(木) 朝から都議会自民党での会合です。
急遽、決定された理美容の給付金について村松産労局長、坂本産労次長から説明を受けました。急に決定をしたために質問に対しての答弁がちぐはぐです。
政策は周到な準備をして、政策の行政効果はどうなのか、都民に対して公平・平等なのか、などを検討して決論を出します。付け焼刃の政策は混乱を招きます。
既に理美容は29日の夜に給付金の政策を決定して30日から5月6日まで自主休業をされた方たちです。予約の方や組合員に周知するなど相当混乱があったようです。いくら国難だとしても拙速な政策決定はするべきではありません。
又、午後からは数団体から理美容の自主休業に対して給付金を出すなら、自分たちの組織はすでに自主休業をしている、業種によっては濃厚接触をしている、知事は何を考えているんだ、など多数の要請、批判が来ました。
鈴木幹事長は速やかに知事に対して要請をしました。

 

 

 

 

 

急遽、政策が実行されました。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

4月29日(水) 昨夜、急遽、東京都理美容事業者の方たちに対して4月30日から5月6日まで自主休業に関わる給付金が決定をされました。
あまりにも急な話で区内の各店舗から問い合わせが来ました。
早速、東京都のHPから別紙の資料をプリントしてお渡しをしました。
国難とは言え冷静に対応しなければ各業界の混乱は目に見えています。
地に足がついた施策を行っていただきたいと願うばかりです。
心配があります。理美容に対して自主休業とは言え給付金を出す事は、例えば歯科医師、柔道整復師、クリーニーング協会などなど他の業種も患者、お客様との接触も濃く心配です。これらの業界が同様の対応を求められて時に東京都はどう対処するか疑問が膨らみます。
億の業界業態は自主休業を行っています。東京都は勝手に休業していると言い切れるのでしょうか。そんな無責任は政策を行う事ができるのでしょうか。

 

 

 

 

 

各種団体から要請をお受けしました。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

4月28日(火) 朝から都庁です。
各種団体からの要望を受けます。昨日のPCR検査では39人の方が感染をされたと報告されました。
この数字で安心はできません。まだまだ茨の道と理解しています。
本日は、東京都歯科医師連盟大越会長、東京都美容生活衛生同業組合金内理事長、
東京都理容生活衛生同業組合飛田理事長(代理出席)、東京都葬祭業協同組合濵名理事長など各種団体が新型コロナ感染に伴う東京都の更なる支援をいただきたいと要望にお見えになりました。
又、島嶼のコロナ感染対策について三宅正彦都議を中心に鈴木幹事長、小宮あんり政調会長が副知事に要請、藤田東京都教育長、警視庁にも要請活動を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要請活動。

 

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

 

 

 

4月27日(月) 都議会自民党は多くの各種団体から今回の新型コロナ感染について要請を受けています。
どの業界も大変厳しい経営状況に陥り東京都、国への要請が都議会自民党へ来ています。
先週の金曜日には岸田政調会長とお会いをして各種団体の要望事項、更にはビルのオーナー、テントの家賃問題についても要請をしました。
今朝は鈴木都議会自民党幹事長を中心に菅義偉官房長官にお会いをして多くの課題について要請を行いました。
菅官房長官からは各省庁から来ている秘書官から課題について政府の考え方の説明を頂きました。
特にテナントの家賃問題。中小・小規模事業者の自粛規制に伴い経営の悪化に際しての多くの補助事業の説明もしていただき今月30日の補正予算可決に向けて努力をしているとの事です。
幹事長をはじめ各議員からも現場の声を説明して更なる東京都に対しての協力要請をしました。
高島からは偏在税制に伴い東京都税を国へ収納されている現在、全国でも東京都がコロナ問題については厳しい状況に追い込まれています。是非、充分にご理解をいただきたい、更に1兆円の臨時交付金についても被害の一番厳しい東京都に対してご支援をいただきたいと訴えました。
急ぎ地元での仕事です。
夕方からは、文部科学省への要望活動です。
東京都バス協会山口哲生会長をはじめ役員の皆さんと萩生田光一文部科学大臣に要請文をお渡ししました。
特に貸し切りバスは2月からキャンセルに次ぐキャンセルで現在の営業はゼロという状態です。無論、現下の新型コロナ感染ではバスの需要がないのは当然ですが、終息した際には小・中学生の社会科見学、校外授業などを行って欲しいと要請しました。その後、鈴木幹事長からも都議会自民党の要請文を渡し意見交換をさせていただきました。
多くの要望についは自民党東京都連総務会長にも就任をしていただいていますので現状は充分にご理解をいただいており、東京都の藤田教育長とも連絡を取っているようです。
忌憚のない意見交換ができました。
多くの都民、各種団体の要請にこたえていく自民党東京都連、都議会自民党です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日。

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

4月26日(日) 朝から事務所での書類の整理など行っています。
自粛要請の中、都内ではどれだけ混雑しているのか注目しています。
荒川河川敷では先週の日曜日から比べると人出も少ないようです。
商店街、スーパーも知恵を出しながら三蜜に対応しているようです。
最後は自己の問題です。一人一人が意識をして頑張るしかありません。

 

 

 

 

 

土曜日。

 

《帰宅後は必ず手洗いとうがいを行いましょう。》
《感染しない、感染させない。》
《三密に気を付けましょう。》

 

 

 

4月25日(土) 西村新型コロナ対策担当相が自宅待機になりました。
新型コロナウイルスに感染した内閣官房の職員が発熱した2日前に大臣の視察に同行しており、西村大臣は本日から自宅待機になったそうです。
ツイッターでは、ご本人は症状もなく元気ですが念のために自宅待機をいたします。と、コメントしています。一日も早い回復をお祈りいたします。
西村大臣も同様ですが国の役人も最大限の注意を払っていたにも関わらず感染をされた事は驚きを禁じえません。
東京都職員、都立病院関係者も感染するなど強いウイルスだと思います。と、同時に感染されない注意も怠らないようにしなければなりません。
毎日のHPにも記載させていただいていますが、感染されない、感染させない注意が必要です。
高島は常に感染者だと思うようにしています。人に感染させない努力が必要です。
今日は外出をしていません。

各スーパー、各商店街は努力して三密回避に協力をしていただいていると確信しています。

海外はロックダウンを行い街を封鎖して感染を防いでいます。
日本は多くの議論がありますが、緊急事態宣言の発出以来自粛要請を受けた各企業、外出を自粛する個人も努力を怠らず頑張っています。まだまだ、努力が足りない、ゴールデンウィークが最大の注意をしなければならないと国も都道府県知事も強く訴えています。
黒岩神奈川県知事は神奈川県に来ないで欲しいと発言をし、県内の各市町長は海岸に出向き自宅に帰るように訴えていました。
報道によると先週よりさらに人が少なくなったそうです。
日本人の誠実、まじめさが浮き彫りになったようで、個人的にはうれしく思います。若い人も高齢者も各企業もこの国難に立ち向かう気概を感じます。
日本人は素晴らしいな。日本に生まれてよかったと思う毎日です。

 

 

 

 

« 1 2 3 4 565 »

フォトギャラリー

PAGETOP
Copyright © 高島なおき All Rights Reserved.